体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「7'scarlet」(レビュー&感想パート3)

はい、最終回になります。

がっつりネタバレしていくので、ネタバレでないレビュー&感想を読みたい方はこちら。

 

catwith.hatenablog.com

真相編前のレビューはこちら。

 

catwith.hatenablog.com

 

 

トロコンはしてないけど、フルコンプはしましたー!

ええと、一ルート5時間ぐらい?

(ちゃんとフルボイス聞いていれば、8時間くらいかも)

真相はもっと短くて3時間くらい。

トロフィーの一個に「全てのTipsを集める」っていうのがあったから、それだけ集めきれてない。たぶん、全ての選択肢を選んだらTipsも埋まるんだろうけど、そこまでやる気力は今はない。

真相編とハナテ真相編を見たら、色々と納得。

真相編では●●が屍者だと明かされるんだけど、ちょっとキョドった。思わず、他にも真相ルートがあって、他のメンバーの中からも屍者が出てきてしまうのかと思ったら、彼だけだった。よかったー!

(いや、彼が好きな人にとってはどうなんだろう・・・私は好きだけど、受け入れられた。ミステリーだと思ってやったからかな)

 

恋愛要素は全編通して薄めとはいえ、ここぞというところではしっかりとラブがある感じ。

ただ欲しいところにスチルがなかったりするので、その辺はいつものオトメイトさんではなく、トイボックスさんが作ったんだなぁと思われるところ。

 

ハナテ真相ルートではハナテの過去が語られるのですが、ちょっと予想斜め上だったかな。

まさかの屍者・・・しかも長い年月を生きているっていうオマケつき。

でも彼のルートで、ちょっと疑問だった色々が解決した節はあり。

特に主人公の記憶がおかしかったのがなぜか、という点については彼が語ってくれたので、すっきりした感じ。

 

真相編2つで色々なもやもやがすっきりと解消したのは、さすがトイボックスさんというところ。下手なミステリーアドベンチャーではなく、しっかり謎解きまでしてくれました。

こういってはなんだけど、オトメイトさんだけだと、こういった謎解きは手に余るだろうから、トイボックスさんに任せて正解だったのでは??

と思ってしまうほど、綺麗な終わり方だった。

 

そこかしこに散りばめられたムービーも違和感がなかったし、最近やったオトメイトゲームの中では好感触。

一気にゲームに没入して、終わらせられるゲームだった。

引きが上手いというのかな。

 

星4.5といったところかな。

‐0.5はスチルが欲しいところでなかったところ。まあ個人的なところが多分にあるけど、でも乙女ゲームとしてはおさえて欲しかったかな。

 

自信を持っておすすめできるゲームなので、是非やってみて欲しい。

 

7'scarlet

7'scarlet