体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「7'scarlet」(レビュー&感想パート2)

はい、今回で2回目の「7'scarlet」のレビュー&感想。

そろそろコンプした人も出てくるかも知れないので、ネタバレ込みで書く。

ネタバレ、ダメな人はこっち読んでほしい。

 

catwith.hatenablog.com

  

ネタバレなしで所感を付け加えるなら、

ところどころに挟まれるムービー(CG)がとても美しい!

背景と相まって、一瞬動いているのか動いていないのか分からない位風景に調和している感じが好感触。

基本的なトロフィー要素はクリアしていけば埋まる感じだけど、Tipsだけは何度かやり直さないと埋まらないかな・・・たぶん好感度が上がらない分岐で出てくるものもありそう。

 

 

はい、ここからネタバレな話です。 

やっとトアとソウスケ、ユヅキをクリア。

トアは謎が深まるばかりだったけど、ソウスケはちょっと謎に近づいた感じ。

しかしトアはあの風貌から絶対、件のアイドルだと思っていたが、ドンピシャでアイドルだった。

ソウスケは謎めいてると思っていたから、何かあると踏んでたけど、やっぱり過去絡み兼自警団とやりとりがあるとは思わなかった。

でもまだ真相がつかめない。

ユヅキルートは正直真相に一番近づいたかなと思ったが、逆に遠ざかった感じもする。

結局ソウスケが一番近づいたような・・・気のせいかな。

 

これから真相ルートします。もう序盤入りました。真相がどうなるか楽しみでならない。

とりあえずお兄ちゃんは殺されたわけではないことだけは発覚したので、そこの追求と後は誰が屍者伝説の残り1人の屍者なのか。

 

なんか怪しいなと思っているのは、警官のヤス。それから同じ年代で気さくに接してくれる女の子のユア。女性ってところがなんとなくいやーな感じがするんだよね。気のせいだったらごめんねユア。

ユヅキは怪しいと思っていたけど、父親に振り回されているだけの良い青年だったので、ユヅキルートをクリアしたら、「こいつがメインヒーローなんじゃね?」と思い始めた。

ヒノが一応メインヒーローなんだろうけど、なんだろう、このユヅキに持ってかれた感じ。

さすがラストに攻略できるキャラだけあるぜ。。。

 

でも真相ルートはトアから開始のようなので、トアルートの真相から初めていきたいと思う。

真相ルートの結末はまた次のレビュー&感想で書くので、お待ちください。

 

そんな楽しい恋愛推理アドベンチャーはこちら。

 

7'scarlet

7'scarlet