体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、ダイエットしながら、仕事をしている人のブログ。主にゲームの感想書いてます。

PS5を購入したぞー!(定価)

PS5買いました。

ジョーシンWEBで同梱版が購入できた!

(同梱はHorizonです)

なお、買ったのはデジタルエディションですが、それを買った理由はあとで話します。

 

PS5の品薄から早2年、やっと手に入れられた。

もっと早くほしかった気もするし、今でよかった気もする。

 

でも結果としては今でよかったかなと。

転売で買うこともなく、定価で買えたし。

それに欲しいソフトもいくつかある状態で買えたのはよかった。

 

いまとりあえずやりたいのはホグワーツレガシー。

あとゴーストワイヤートーキョー。

やりたいソフトがある状態で購入できたのは本当にうれしい。

 

一応Amazonリンク貼っておくけど、招待制なので、ジョーシンとか見に行った方がいいよ。欲しい人は。

 

ちなみにデジタルエディションにした理由だけど、いま現在PS4のディスクをひとつも持っていない私なので、ディスクいらないかなと思った次第。

だって今も使っていないディスクを、今後も使う予定があるとは思えない。

なので、PS5はデジタルエディションにした。

 

まあダウンロード版を移行するのも手間だけどね。たぶん。

 

明日には届くと思うので、またレポしまーす!

SeriaでAppleWatchに良き友を見つけた!

Seriaに他の用事で行ったら、イイもの見つけた!

 

AppleWatch用のスタンド兼充電器。

純正というかAppleWatch買うとついてくる充電器を嵌めるだけで使える。

(写真、周りがめちゃくちゃ汚くてごめん…)

割と土台がしっかりしているので(ていうかただの土台だし)、これを置いて、コードというかマグネットがついた充電ケーブルをセットするだけで使えるからアイディア商品だなぁって思う。

 

難点を言えば、コードを誘導する穴が開いているけれど、いまいちここに上手くハマらないことくらいか。(飛び出しちゃったりする)

これはクセさえつければ大丈夫そうなので、そんなに悪い難点でもないかも。

 

AppleWatchいいぞ記事はたぶんこの後も連続するので、お楽しみに。

AppleWatchの話をしてもいい?iPhoneとは違った有能さ、AppleWatchのいいところ3選

またAppleWatchの話をする。

 

 

ぶっちゃけ「iPhoneあればAppleWatchいらないんじゃない?」って思う人も多いと思う。

まぁ3割くらいは正しいと思うし、私もAppleWatch買うまではいらないって思ってた。

3割正しいというのは使い方によってはiPhoneと差別化できない可能性があるから、3割の人はAppleWatchを持つ意味がないという意味である。

私も差別化できているかって言われたら、できてない方だと思うけど。

 

 

AppleWatchのいいところをいくつか挙げてみたい。

①カスタマイズ性

②健康管理面(運動含む)

③単体で完結する機能

 

①のカスタマイズ性は本当にiPhoneとよく似ていて異なる部分。

例えば文字盤。時計を購入してもこれだけの文字盤がある時計はないし、さらにそこにショートカットのようにコンプリケーションという機能を持たせることができる(最大8個)

私はまだあまりコンプリケーションは活用していないが、これを活用できて始めてAppleWatchを活用していると言える気がする。

あとオタク的観点から言わせてもらえれば、手首をくるっとかしげるだけで推しの顔を拝められるのは本当に尊い。これだけで買った意味がある(1回目)

また他にも通知を絞るなど、iPhoneWatchアプリで色々とカスタマイズできるし、なんならAppleWatch本体でもカスタマイズは可能だ。

これはやはりカスタマイズ性が高いと言われるAppleWatchだからこそ、だろう。

 

②健康管理面(運動含む)

これは睡眠と心拍数トラッキングして本当にわかる。

睡眠を1日分測ってみたが、いかに浅い眠りを繰り返しているかが分かった。

まあ分かったところで改善って難しいんだけどね。

ただこれを繰り返していけば、良い眠りのときはどんな感じだったかがわかるようになると思うと、睡眠を重視している私としては良い管理。

心拍数も、最近プチダイエットを始めた身としては助かっている。

すぐに心拍数が上がる虚弱なので、そこを改善するべきというのが如実に表れている。

そういう意識づけになるのが本当にイイ。

 

③単体で完結する機能

例えば、Siriによるタイマーセット。もちろんiPhoneでもできるが、AppleWatchのいいところは「Hey Siri」と呼ばなくてもいいところ。

傾けて「4分タイマーセット」と言えばすぐにSiriが反応してくれる。

(たまに失敗するけどね)

あと、メッセージなど文章を送信できるものを送る際、発語で入力できるのは楽ちん。

特に車を運転しているときに発語で入力し、返信できるのはすごく助かる。

いちいち電話かけたり、信号停止中に確認しなくていいのは本当に便利。

単体性能としても素晴らしいのがこのあたりでわかる。何かと繋げなくても(まあ実際にはiPhoneとつながっているからこそできている機能も多々あるが)単体で頑張ってくれるのが本当に偉い。

 

AppleWatchのいいところ…まあ私的にだが、こんな感じ。

オタク的観点で見るところもあったが、許してほしい。(だって半分推しを眺めるために買ったし←)

AppleWatchの難点は1つ、「充電の持ち」だけだが、まぁそれもiPhoneを毎日充電している人なら特に問題はないだろう。私は問題なかった。

 

AppleWatchをどんな人にお勧めできるかというと、

充電頻度(1日1回)が苦じゃなくて、健康管理したくて(なお防水だと嬉しくて)、自分の管理をするツールが欲しい人、かな。

まぁざっくり言うとこんな感じだけど、私は万人に勧められるとは思ってないので、やっぱり向いている・使えると思った人が使うべき物だと思う。

AppleWatchSEが届きました!有能なちっちゃい子というイメージ!

AppleWatchSEが届いたー!

まあ正確には営業所にとりに言ったんだけど。(出かける日だったからついでに)

友人と合流した後、カフェで開封式。

友人も興味津々。

おしゃれなパッケージ!Appleっぽい。

中身はこんな感じ。

充電器と本体とバンド。

色々初回設定したら、推しが画面にいる…!

推しが!推しが!やばい。

そういう設定もできるのがヤバイ。

 

ガジェット好きとしては間違っているんだろうけど、オタクとしては合ってる気がする。

バッテリーや時刻確認のたびに、推しに会えるのが幸せ。

 

まだ初期設定くらいしかしていないので、おいおいアプリとか色々入れて試していきたい。

ガジェット好きとしては有効活用したいものだ。(オタク的活用もしたい)

 

凄い不定期になってしまっている。ブログ更新の話。

いっぱい書きたいことはあるのだが、手が追いついていない。

ぶっちゃけ冬なので、体調があまりよろしくない。

よろしくないのを言い訳にはしたくないが、PCの前に座っているのがしんどくなっている。

しょうがないんだけどね、冬だから。(病院も通院しているし、いつものことって感じ)

来月あたり病院行こうかな。(定期的な通院)

 

2022年末から今までプレイしている、直近の積み崩しゲーを紹介

積みゲー崩しを実施中。

積みゲーがいっぱいあるので、少しずつでも崩そうという気持ち。

 

とりあえず気分によってもプレイするゲームが変わるので、いくつか並行して進めている(それが進みが遅くなる理由かもしれない)

それらのゲームを紹介していこう。

 

モンスターハンターライズ/サンブレイク

今更セールでサンブレイクを購入。

サンブレイクをやっと買ったのか、と思われそうだが、だってまだライズが終わっていないんだもん。

ただ買えば、ライズのストーリーが楽になる防具が手に入るのも知っていたので、満を持して購入。

地道に討伐を進めています。

(まだランク3)

 

ゼルダの伝説BoW

ゼルダといえば、Switchといえば!と言われるほど有名なこれをまだプレイ中です。

発売して6年も経つのにね!

ちなみにまだ序盤も序盤。神獣解放すらしてません。

はよやれよ。ライネルさんが待ってるぞ。

 

・ジャッジアイズ

ここからPS4。ジャッジアイズがPS+に入ったのでプレイ中。

前に買って売ってしまったときのセーブデータを使いながら、中盤位まではきたかな?

キムタクの演技力が物足りない時があるが、そこまで気にならない。

ただアクションな龍が如く系ははじめてなので、そこに苦労しているかも。

 

・ドラゴンクエスト11S

こちらもPS4に来たバージョンがPS+に来たので。

めっちゃ序盤で止まってるので、これも進めなければ。

 

・DEATH STRANDING

これもPS+に入ったので。

まだ中盤はじめくらいなのかな、たぶん。

エンディングが見たくて頑張っている、配達を。

 

 

 

それくらいだろうか?それにしてもPS+に色々な名作ゲームが入ってくれたおかげで、プレイするゲームが増える増える。

あと、P5Sもやりたいんだよね。今回のセールで買おうか検討中。

P5はロイヤルがまだ途中だけど、無印は終わってるからP5Sやってもいいと思うの。

2023年楽しみなゲーム

たぶん多くのゲームメディアや個人メディアがいっぱい書いているであろうものを私も書いてみよう。

2023年のゲーム期待作!

 

まずはこれ。

ゼルダの伝説ティアーズオブザキングダム(BoW2)

まだ画像がないので、とりあえず前作を出しておく。

BoWはアクションが苦手な私をゼルダの世界へ導いたレアなゲームで、未だによちよち歩みではあるもののまだプレイ中である。

この続編が出るということで、私は楽しみでありつつ、早くBoWを終わらせなきゃと焦らされているような気もする。(はよやれ)

なんでもできるからこそ、何をしていいか分からないこともあるけれど。

でも大満足な作品なので(まだエンディング迎えてないけど)、続編にも期待。

 

ファイアーエムブレム エンゲージ

直近過ぎる発売日ですが、これも期待作。

 

プレイしたいけど、プレイする余力がないので、そのうち安くなる頃に買います。

といいつつ、たぶんこれは安くならないんだろうな。

でもキャラは魅力的だし、かなりやりたい気持ち。

FEはifから遊んだけど、どれも面白いし、今作は風花雪月ほどハードではなさそうな話だろうから、本当に気になる。

 

オクトパストラベラー2

これもたぶんSwitch期待作でしょう。

オクトパストラベラーはプレイ済みなのだけど、こちらもエンディングを迎えていない。

なんだろう、大味ではないんだけど、パーティメンバーの関係性が見えなかったので、ちょっと感情移入しづらかったから、放置している。

でもこれを機に早く手をつけるべきなんだよなぁ。

 

ペルソナ3ポータブル/ペルソナ4 ゴールデン

(古い画像でごめん)

ダウンロード版でしか出ないので、こちらの画像で失礼。

P3Pは私がペルソナに初めて触れたペルソナで、原点にして頂点だと思ってる。

(ちなみにペルソナ5は至高、ペルソナ4は最高)

暗めのストーリーそこに見出す光、そういう心に訴えるものを全て持った作品だと思う。

これがSwitchでできるのだから、ヨッシャと思った発表日。

やっと今月プレイできると思うと、本当に感慨深い。

 

ホグワーツ・レガシー

もうパッケージイラスト出てるんだ…と今びっくりした。

買う予定です。私はPS4版ですが。(だってPS5買えないんだもん)

ホグワーツレガシーほど、PS5の性能が生きるソフトは無いと思いつつも、買えないんだからしかたない。田舎だしね。

ハリポタ民ではないものの、高校生くらいの頃に読みふけった記憶はあるので、大体はわかるでしょう。分からなければハリポタ民の友人に聞こう。

 

とりあえずこんなところかな。

あとはイースの新作とかワイルドハーツとか、色々他にもあるけれど、ガチで期待しているのはここらへん。

期待してるけどイースはまだ遠いだろうしね、発売日が。

 

このあたりはほぼ買う(FEは迷い中)ので、プレイ記録を付けられたらいいな。

とりあえず私は今プレイ中のゲームを洗い出すべきだ。

レジンアクセサリー作家もどきになりました。人にプレゼントしてばっかりだけど

レジンアクセサリーを作る人間になりました。まあ趣味ですね。

これが意外にハマってしまって、推しグッズを作るのにちょうどいいんだよね。

 

元々推しのアクセってものがないなーと思ったのが始まり。

そういうのがないなら作ればいいじゃない!という自給自足の気持ちが始まり。

こんな感じのものを作っています。

楽し―。

まあ失敗もするんだけど。

 

 

という最近の趣味の話題でした。

割と誰に習わなくてもできるので、レジンおススメ。

youtubeにも結構いい動画いっぱいあるしね。

原神冒険者レベル50に到達しました!楽しー!

楽しいけどやること多すぎる案件。

いや、やることっていうか、やらなきゃ進まないところが多すぎる。

例えば、世界任務やらないとメイン任務進まないとか、伝説任務やらないとメイン任務進まないとか。

そういう副次的な色々が多すぎる。しんどい。

 

関連がない方がいい人と、そういう関連が楽しい人といると思うけど。

私はまったりやりたい(かつメイン任務早くやりたい)タイプなので、関連がない方が嬉しい。

だってさーメイン任務が本当に関連任務多すぎて、まだ層岩巨淵で止まってるもん。

まだ?!って言われそうだけど、いやほんと伝説任務やってからとか色々関連が多すぎるんだもん。

 

でもまぁ鍾離先生がめちゃくちゃに強くなってくれたのでヨシ!(最推し)

物理も多少できる鍾離先生の爆誕だ!

元チャが高めなので、爆発の回転も回るぞ!

聖遺物はHP特化。そこに会心率、会心ダメあればOKという構成。

 

タルも一応乗せとくか…タルはまだ80レベルだけど頑張ってるんだよな。

元チャの伸びもいいし、会心ダメ高めだからロマン砲と化してるけど、それがタルっぽくて好き。

沈淪でそろえた感じだけど、やはりタルにはこれが一番似合う。

 

聖遺物厳選は多少頑張っているので(多少だよ!)、もっと頑張らねば。

その前に層岩巨淵から早く出たいので、伝説任務とかやらなきゃな。

9月に転職した話、実は6月末から転職活動してました

3年半ぶりに転職活動してました。

6月末くらいからかな、8月にはもう決まってました。

 

理由は某ホテルスタッフしていたものの、ホテルの本社の方針ややり方に同意できなくなってきたこと。

ホテルスタッフの環境自体はよくて、仲良しな人が多かったし不満はなかった。

だけど、マネージャーとか上に上がろうとしたらどうしても頭打ちになる環境や、上に好かれるかどうか役割や上に上がれるかどうかが決まるのが、どうしてもいやだった。

なので、転職活動を始めた。

しかもその頃またゲームを作っていて、ゲーム製作が楽しかったのもある。

SEに戻りたいという気持ちが強かった。

(プログラミングの能力がすぐ戻ってくるとは思わなかったが)

 

なので、転職活動の際の軸は「SE」と…「完全リモートワーク」

なぜ完全リモートかというと、実家にいたかったから。

以前1人暮らしをしてたときは食生活ががたがたになって、1人では生きるのが難しいことが分かった。

自分のことができないとかではなく、人にご飯を作らない生活ができない。

言い換えれば、自分ひとりのご飯だけ作っている環境が嫌なのだ。

ルームシェアでもいいが、今は実家があるので甘えさせてもらって、両親にご飯を作る日々を送れることが幸せだ。

 

そういう理由があって、今実家(石川県)にいたい。

で、そこでSEをやるなら石川県にある企業に勤めるか、完全在宅。

いまコロナ禍のときの母親の仕事ぶりを見ていて、完全在宅もアリだなと思っていたので、それを軸に探したら…あった。

しかも結構数があった。

 

結局わりと小さな会社に入ったが、そこはSES(System Enginer Service)の会社で、私は銀行系のプロジェクトに派遣されることになった。

プログラミングがまだ思い出せない私にとっていいポジションをくれ、給与は単純倍。

ヤバいくらい恵まれた環境にあることは確かだ。

(しかも在宅手当もつく…完全在宅の会社なのに)

なので、私の希望と合致した会社に入れたことは幸運だったと思う。

 

ちなみに転職期間は約1カ月。

面接を詰め込んだ日もあり、割と体力気力は使ったと思う。

だが、それに見合ったリターンはあった。

 

そういうわけで、私はいま在宅勤務である。

比較的自由も聞くので、大変すばらしい。

在宅なんて少ないんじゃないの?という考えを払拭してほしいものだ。