体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「レンドフルール」

あんまり私が他のオトメイト作品を紹介するときに、レンドフルール、レンドフルールうるさいので、レンドフルールの記事を立ててみた。

catwith.hatenablog.com

 

catwith.hatenablog.com

 

 ちなみにこれがレンドフルール連呼でうるさかった作品。

 

レンドフルールの何がいいかをキャラ別に。

キャラアイコンはオトメイトさんの公式よりお借りしました。

※「レンドフルール」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。

 

 

f:id:nyaon0511:20160111163814p:plain

まずは主人公ヴィオレット!

この子好き!まじで。

あまりに純真無垢で、かつルートによっては女性らしい女性の狡猾さを持ち合わせていて好き。マダムエンジュに色々教わってるヴィオレットがすごく好き。

まあ彼女自身もだけど、双子蝶が好きすぎるんだけどね。双子蝶が出来た由来をユベールルートで知った瞬間涙腺が。。。

 

f:id:nyaon0511:20160111164033p:plain

レオン。一番初めに攻略した人だけど、ごめん実は二番目にEDは好きだけど、それ以外どうでもいい。。。

双子蝶がいるってだけでEDが好きなんだ。君自身じゃないんだ。(レオンファンの人すみません)

好きだーってのはわかるんだけど、それで終わっちゃうんだよね。

 

f:id:nyaon0511:20160111164159p:plain

ルイ!三番目でした、攻略順。

凄い設定は好きで、退廃的な彼の感じもものごっつ好き。浪川さんだし。

ただ退廃感というか、この世界とどちらを天秤にかける?みたいな感じはギスランの方があったから、ギスランに魅力で負けてしまった人。

 

f:id:nyaon0511:20160111164448p:plain

二番目攻略ギスラン!

納得のイベントとEDでした、ユベールがいなかったら一位になってたキャラ。

呪縛、正に囚われるという字の如しで。

それをいかにして外していくか、主人公の技量が問われるのが凄い好きだった。

 

f:id:nyaon0511:20160111165250p:plain

ダークホース、オルフェ!

まさかの「神」様。恐れ入りました。

地上で生きていく、っていう選択肢があってよかったーとホッとしたEDだった。

彼は和み系で終始終わったな、私の中では。

 

f:id:nyaon0511:20160111165410p:plain

最愛のユベール!

攻略制限有りなのが本当に憎たらしいほど大好き。

この方のEDを見るためにレンドフルール買ったといっても過言ではない!

特に双子蝶を作ったときの回想イベントがすごく好き。

「愛しい」って気持ちを双子蝶にしてしまうなんて・・・なんてもったいないことを!と思わず思ってしまったじゃないか。

 

 

ともあれ、キャラ萌えとBadEndの多さには定評のあるレンドフルールです。

痛々しいところ結構あるけど、それがいいのさ!というドM向き。ドSでも多分向く作品。

攻略制限的には「Code;Realize~創世の姫君~」と似てるかもしれないけど、あれは割と明るいキャラが攻略制限なので、楽しいけど、こっちは泥沼化する攻略制限キャラなので、それは切り分けた方がいいと思う。

だけど、それを加味しても私は90点台を付けたいゲーム。周回プレイが全く苦痛じゃなかった。ありがとう!

レンドフルール

レンドフルール