読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「ワンドオブフォーチュンR2〜時空に沈む黙示録〜」(初回プレイ)

ワンドR2遅ればせながら始めました。

本当に遅れたため、感想記事を読んでくれる人がいるかわからない感じです。

 

 

パッケ見る限り、ソロ・モーン攻略が楽しそうですね。

 

で、プレイ2時間ちょい。

アルバロからプレイしようと思い、彼のルートへ。

ルートに入るのは割と簡単。

本編前に大団円エンドの解説をしてくれるモードがあるので、それを見ればR2からの人でも特に違和感なく入れるのではないかと。

でも一応Rはやっておいたほうがいいだろうな・・・みんなの根っこの部分はわからなくても、主人公の雰囲気がわかったほうがいい気がする。

ボケとツッコミの役割もしっかり分かれているのがワンドのキャラクターなので、それは把握したほうが物語にすっと入りやすいかも。

 

で、内容というかシステムについて色々と言われていますが、いわゆる作業ゲーではあります。が、そんなに作業させません。少なくともRよりは。

アイテムを集めて精製して、とまるでアトリエシリーズのようなことをします。

でもそんなにマメにやらなくても大丈夫なので、気分でいいと思います。特にスチルコンプとか狙わなければ。(それでも私は攻略サイト見ますが)

 

アルバロですが、いきなり本性出してきた感がしました。

Rで見たアルバロルートの片鱗が出てきた感じ。

Rでは普段見せなかったダークというか、人に対して冷めてる面を見せてくれましたねぇ。

なかなか興味深い。

エストもRじゃわからなかったことが、共通ルートで判明するので楽しい。

ビラールもまさか言葉が片言じゃなくなるとは・・・。

この辺りはRをやってると違いがわかって楽しいかも。

私はこのブログにある通り、ユリウス・アルバロ・エスト(は手をつけただけ)までやって、放置しました。

 

catwith.hatenablog.com

 

あ、この記事じゃあんまり書いてないや。

地道に進めてましたが、エスト途中と、ビラールとラギ、ノエルあたりで挫折。

長いんだもんー。

 

その点、攻略サイトを見る限りでは、R2の方が短そうなので、なんとかやってます。

アルバロのひねくれた感じが、見ていて微笑ましい。

 

私の好き順がアルバロ→エスト→ユリウス→ビラール→ノエル→ラギ(ソロ・モーンはどこに入るか不明)なので、アルバロクリア後エストかなぁ。

 

アルバロはどういうエンドに着地するのか、R以上に見えないので楽しみです。

Rも大概見えなかったけど。