体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「薔薇に隠されしヴェリテ」(ルイルート)

「薔薇に隠されしヴェリテ」ルイルートコンプリートの感想します!

ここからネタバレになるので、ネタバレいやな方はこちらどうぞ。

 

catwith.hatenablog.com

本作品はこちら。

 

 

時間は10時間程度かな?クエストとかやりつつ、読み飛ばしているところもあるので(他の恋愛対象キャラクターイベントは飛ばしてます。そのキャラやるときにじっくり聞きたい)それを考慮しても10時間は長かった。

しかも1回目はSPというスペシャルエンドに到達するも、平民ポイントが足りないことで、イベントの取りこぼしと、エンディングに差が出てしまっていて、??と頭をひねること数時間。

とか。

とか。

 

とかと、迷走。

セーブポイントからやり直すこと3回。やっと全てのイベント、全てのスチル、エンディングコンプリート。ここまでたぶん、15時間・・・。

長い、長いよ、薔薇ヴェリ!

でも、個別ルートからが長い感じがしたので(共通は4章まで、5章~9章(ルイ)は個別)共通は飛ばせる部分もあるし、そんなに困ったことではないかも。

共通でどれだけ触れ合えるか、がキーポイント。あとは平民&貴族ポイントだよなぁ・・・これどうにか攻略しないと、また同じ目に遭うぞ。

たぶん、平民ポイントが高くないと見れないイベント、貴族ポイントが高くないと見れないイベントっていうのが、あるはずなので、両方をまんべんなく上げていけばきっとたぶん、大丈夫・・・?(すごい観測的希望)

偏らせることによって、何か起きるのか。ルイ以外のルートで確認します。

(そろそろ攻略サイトが追いついて欲しい・・・私のスピードじゃ、たぶん次のターゲットまでに攻略サイトは追いつかない)

 

ルイルートの話はとても史実通り。

(アントワネットの伝記を読んだことがあるので、一通り知識有り)

アントワネットの160万リーブルの宝石の疑惑から、民衆たちが激怒。

暴徒と化した民衆たちから逃れるため、一度民衆たちを見捨てて逃げ出して、連れ戻される。ただ、その面々の中に主人公がいる、ってところが違うところかな。

個人的にはメンバーに妹姫もいるところが不思議だったんだけど。あれ、そういう史実だったっけ?(そういう史実だったらごめんなさい)

主人公との時間を大事にするルイと、そんなルイと主人公を見て今までの考えをちょっとずつ変えていくアントワネット。と、周囲。

最後、ルイが処刑される時はハラハラドキドキしました。史実エンドを進むとそのまま処刑されてしまうのですが、SPエンドだとちゃんとふたりで幸せになれるのが、ほっこり幸せでした。

ルイはいいぞルイ!でも他の方やって気分変わったらごめんなさい。

でも今のところ暫定ルイ一位!

 

長い攻略のため、パートいくつになるか分からない感想記事になりそうです。

というか初めて、一人ずつの感想記事になるかも。

 

次はフェルゼン、ロベスピエールかな。

ラファイエットはどうしよう・・・堅物キャラって微妙なんだよねぇ、どうしよう。。。