読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

楽しいことを楽しいと思えなくなったら、休め。という話

私で例える。

例えば、ゲーム。(ブログネタになるけど)

例えば、仕事。(ライターと言い換えてもいい)

例えば、漫画を読むこと。(仕事につながるけど)

例えば、Pixivで読書すること。

 

はい、適当にあげてもこれくらい楽しいことがある。

これらのなかで3つくらい「あー、つまんねー・・・楽しいことないかなー」と思い始めたら危険。

1つくらいなら「まあたまにはあるわな。他のことやろ」位ですむが、3つ以上になってくると異常事態。

寝れるようならとことん寝た方がいい。

それくらい心が疲れていることになる。

 

これはよくある鬱の症状として出てくるもので、要は「楽しいと思っていたことが、楽しくなくなる」という症状である。

無気力症とも呼ばれて、鬱のチェックシートなんかにはよくこの項目がある。

この症状が出たら、ヤバいと思った方がいい。

最悪眠れなくなるという事態が待っている。

 

そうならないために、普段からしっかり快食快眠。

眠りが浅い人は要注意。私みたいに。

楽しいことを楽しいと思えるのは、健全な精神状態の時だと認識しよう。