体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

「寝拗れる」は、我が家の造語の話

「寝拗れる」は、我が家の造語。

意味は、「寝ようと思っても、寝れず、眠りにつけずに寝たり起きたりを繰り返す」こと。

寝拗れるって、他の家では使わないけど、私や父が寝拗れているとき、よく母がいう言葉。

よく私が寝拗れてしまうので、この言葉ができたんだと思う。(あくまで仮説)

たまにあることじゃなくて、割と頻繁に起きる現象なので、定着してしまった言葉。

 

睡眠がすぐにとれる人は羨ましい。

私はいつも数時間寝拗れた後にようやく眠れることが多い。

本当はすぐにばたんきゅーしたいが、なぜかできない。

(下記参照のこと)

 

catwith.hatenablog.com

本当はたっぷり寝たいし、夢も見ずに寝たい。

けど、そういう時に限って邪魔も入るし、眠たくなくなる。

 

だけど、ちょっと発見した。

ゲームの牧場物語をやると、のほほんとしたBGMで癒されて寝れそうになる。

これはちょっとした発見だ。

とりあえず、当分はちょっとだけ寝る前に牧場物語をやって寝るとしよう。