体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「猛獣たちとお姫様」(パート1)

やり始めました、「猛獣たちとお姫様」。

その初回ルートをクリアしたため、感想&レビューしまっすよ!

 今日は昼寝してしまったので、進みが遅くて申し訳ない。

猛獣たちとお姫様

猛獣たちとお姫様

 

あらすじは簡単に言うとこう。

塔の中に閉じ込められていた姫、主人公はある日国王の暗殺の嫌疑をかけられ、自害するように迫られる。

しかし一緒に塔の中で暮らしていた猛獣(馬、カナリア、熊、猟犬)たちに助けられ、難を逃れる。

その後、猛獣たちとお姫様は暮らしていくために、追手から逃げながら、生計を立てていくのであった。

 

こんな感じでほのぼのと進む。

割とほのぼので、ドキドキする場面もあり、この辺りはオトメイトさんが優秀だなぁと思わせられる部分。

勿論、UIや操作回りはとてもよいので、さすがオトメイトさん。

FMMS(フリーモフモフシステム)は進化してた。

適当に触っても、好感度が上がるようになっており、この辺りは改善されていたのかなと思う。

特に前作「猛獣使いと王子様」の話が出てくるところもあるので、前作ファンの人はやって損はなし。

私も「猛獣使いと王子様」をやっていたので、とても楽しめる作品。

 

ミアーシュをクリアしたけれど、ミアーシュの過去が壮絶。

その反面、可愛い顔をして男の面も出してくるので、可愛かった。

 

クリアしたときの感想はあまりないかなー。

というのもあっさりしすぎているところがある。

「猛獣使いと王子様」も割とあっさりとしたところがあるので、あっさりと遊びたい人にはいいかもしれない。

 

そうこうしているうちに「薔薇に隠れしヴェリテ」が発売されそうなので、仕事とゲーム両方の方面で頑張っていきます!

仕事が立て込んでいるので、「猛獣たちとお姫様」のレビューはそんなに早く出せないと思うけど、順番に出していくので、お待ちください。