体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ブロガーになって一か月半経った話

こんにちは、「にゃおんの飼い主」です。
早いものではてブ民一か月半になりました。
何卒これからもよろしくお願いします。


という話は前ふりで。
ブログを書くことで気分転換ができた話をしよう。


よくブログは「書きたいけど、書けない」とか聞く。
書けない時は大体私の場合は、何かに夢中になってるとき。
ゲームとか読書とか。(もっぱらPixivだけど)
逆に筆が超進むときは仕事中。
仕事の時ほどネタが降ってくる(鬱になる)時はない。
仕事に煮詰まったらこういったブログネタを書くのが一番だったりする。


大体ブログはタイトルが浮かんで、タイトルを作ってから中身に入ることが多い。
(たまーに逆もあるけど、本当に偶に)
お題のようにブログタイトルが降ってきて、そのお題の中身を書いていく。
もちろん、体験したこと読んだことを含めて、ブログとか読んだ話だったらリンクを付けようとか、そんなことは考えるかな。
でも大体は思いつきをつらつら書いていることが多い。
読みやすいように見出しとかは考えているけれど、それ以外はあんまり考えていない。
読み手を考えた作りをすればいいんだけど、そこに労力を使う位ならネタをたくさん出すことに労力を使いたい、私としては。
ブログだからそんなことが言えるわけで、投稿用小説とか読み手を意識して書かなきゃいけないものは意識する。すっごいするから凄く疲れる。
でもブログは思いついたまま気持ちよく書けているため、続くっていうのはあるかもしれない。


仕事がつらい辛いと呪文のようにつぶやいている「にゃおんの飼い主」の独り言でした。