体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、ダイエットしながら、仕事をしている人のブログ

初めて来た人へ。このページからみるのをオススメする!

カテゴリから探すの面倒だよね!

ということで、人気記事だけ記事を分けてみました。

ここ見れば、どう探していいかわかるようになってます。

FGOは人気がよくわからない方向に行ってるので、あんまりアテにならないかも。

旅行記、ゲーム談義はここから行くと楽チンになってます。

続きを読む

ゲーム談義「ドラえもん のび太の牧場物語」(初回プレイ)

正統派進化を遂げた、牧場物語

ドラえもんということで、ちょっと手をだすのをためらっていたが、無料体験版をやって欲しくなったので購入。

体験版では、この街に来た理由などは描かれなかったけれど、その辺の理由も見えて納得。

これ、永住ルートと帰還ルートがあるんじゃなかろうか・・・。

(と先読みしてみる)

 

今まだ春の7日目なのだが、物価が高い!

特に大きなカバンを買うのが序盤での目標になってくるのだが、そこまでの道のりが遠い。

カバンの前に鶏を・・・と思っていたが、先にカバンのが良さそうだ。

(鶏は4000G、カバンはちょっと高めの6000G)

この辺のバランスが牧場物語らしさでもある。

 

後々欲しくなる石材と木材は序盤にはたっぷりある牧場の木々や石を砕いて作成。

保存しておけば、後々使えるようになる。

序盤は駆けずり回って、山菜や木ノ実をたくさん集めて(と言ってものび太牧場物語ではそんなに手に入らないことが判明した)売ることで元手を作る必要がある。

作物が収入のメインではあるものの、こういうサブも料理ができる前なら大切。

(料理ができるようになると、サブ食材を使って料理をしてから出荷、もしくは料理を住人にあげる方がメリットがあるし、楽しい)

 

のび太の体力が意外(?)と保たないので、計画的に進めるか、お昼寝をいっぱいするかでやり方が変わってくると思う。

つるはしを手に入れられそうなので、これで鉱石ほりができる。収入源の一つだ。

最近の牧場物語では鉱石ほりが洞窟の中ではなかったことが多いので、シンプルに過去作に近くなった気がする。

 

なにはともあれ、過去作のいいところを引っ張り出し、使いづらかったところは修正し、ドラえもんの映画版らしいストーリーが連なる良い作品なのではと予想。

エンディング分岐がありそうなところも、楽しみの一つ。

ドラえもんのび太牧場物語。結構良作かもしれない。

 

ゲーム談義「閃の軌跡Ⅰ・改」(2章終わりまで)

ユーシスとマキウスが仲違いしていたところから、ちゃんと仲良くなったところまで。

こういうことができるから、クラスの”重心”って言われるリィンくん。

なるほど、リィンを重心ととらえた先生は間違っていなかった訳だ。 

英雄伝説 閃の軌跡I:改 - PS4

英雄伝説 閃の軌跡I:改 - PS4

 

まだアリサの苗字は明かされていないのか。

ていうか、ラインフォルトなんてわかりやすい苗字よく隠せたな。

 

ここで改に変わったことで、やりやすくなったポイントを少し。

まず顔がちゃんとシャープになって陰影がついた。

ぼやけていたところが綺麗にくっきりと見えるようになって、画面観やすさの向上。

それと戦闘シーンとイベントシーン、それ以外も含めた高速化。これが一番嬉しかった。

なんてったって、軌跡シリーズはムービーがとろい。

それを高速化できたのであれば、すごい・・・だけでなく。

セリフは高速にならないのだから、この辺の微調整は頑張ったんだろうなー。

と思わせてくれます。

 

ちなみに私は4作品一気買いしたのでどこかのタイミングでプレイも高速化しないといけないのです。

どうしよう。。。

感想も高速化できたらいいのにな!

すごーく昔にやった「閃の軌跡」をもう一度プレイ。なんだか懐かしみ。王道JRPG。

PSStoreで半額だったので、シリーズ全部買ってみた。

いややる気は半分くらいしかなかったのだけど、そういえば昔やったなーというのと、めちゃくちゃはまっていた碧の軌跡メンバーが3以降出るらしいということを聞いて。 

英雄伝説 閃の軌跡I:改 - PS4

英雄伝説 閃の軌跡I:改 - PS4

 

定価なら買う気は起きなかったんだが。。。半額となると。

だって全部(4本)買って10000円だよ?!

 

これって実況できるのかなーと思ったけど、そういえばめっちゃ喋るから(キャラが)あんまり実況向けじゃ無いかも。

とりま、PCスペック的にできるのかどうかという問題もあるのですが・・・。

 

物語を断片的にしか覚えていないので、思い出せるようにプレイ予定。

トロフィーが無印から引き継がれているので、ユーシス(最愛キャラ)以外と絆を育もうかなー?

ユーシスはもちろん絆あげるんだけど。

誰がいいかなー。

女子・・・いや男子。(悩ましい)

 

戦闘諸々はほぼ碧から踏襲されているので、迷うことはないだろう。

ただ昔のゲームだから、私、飽きちゃうかなー?

ゲーム談義「ニーア オートマタ ゲームオブザヨルハエディション」(パート1 砂漠地帯まで)

ニーアオートマタ。これは本当に美しいアニメ。鬱くしくもある。

JRPGとは思えない美しさ。

いや批判している訳では無いけど。

なんかこう、JRPGがあまり触れてこなかった題材をやっているような雰囲気。

特に2Bと9Sの対比は美しい。もっとやれ。

 

砂漠地帯で機械生命体なのに、アンドロイドみたいなのに出会ってボッコボコにしてレジスタンスキャンプに行ったはいいけど。

いつになったら徒歩じゃなく、ワープができるようになるんだい?

結構歩くの苦痛になってきた。(何もかもが遠い)

 

レジスタンスは平和だけど、いろんなクエストが少しづつ増えてく。

それをクリアしていくのも、また寄り道感覚で面白い。

なんだかなー、どんどんクリアに近づくほどよく無い方向へいくのでは無いかという野生の感が働くんだよなあ。

気のせいかもしれない、と思いたい。

 

まさか、君が。みたいなことがあったらやだよー!

9Sが好きなんだよー!2Bが好きなんだよー!

 

夜勤明けにやるには辛いRPG

まあアクションというか戦闘自体は、レベルをあげてさえいれば、オートでなんとかなるので、もうほぼボタン連打でなんとかしている。

まさか、この程度の腕前でもどうにかなるゲームがあるとは。

 

いいぞプラチナゲームズ、開発的にもっとやれ。

 

ゲーム談義「ペルソナ5」(2週め・マダラメパレス攻略後)

みんなペルソナ5ロイヤル買おうね!(ステマステマ

私は10月までに2週め終わらせたいよ! 

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

 

班目の話が終わると、なんか、子供とは・・・みたいなことを考えせられる。

どうしようもないど外道なんだけど、その根底のちょっとだけ、光があったんじゃないかとか。

全くの悪人はいないという考えの元なんだけどね。

祐介を育てたその心に悪以外の何かがあったんじゃないかとか。

思ってしまう。大人だから。

もしくは子供すぎて、夢をみたいのかもしれない。

 

閑話休題

 

まあ祐介が仲間に入って、みんなで傷を舐め合うように話し合いをするのはとても建設的なことだと思う。

舐め合いっていうと嫌な意味に取られがちだけど、私はそれでも進んでいるからこそやるんだと思う。うーん、言語化しにくいな。

まあ明るければいいのさ!

 

次はカネシロかー。うわー、面倒。

ここの話が一番突拍子も無いから、あんまり好きじゃ無いんだよね。

多分、真を入れるための話であって、カネシロがパレス持ちなのに意味はあまりナイキがするから。

 

ゲーム談義「ルルアのアトリエ」(パート2)

しばらくルルアのアトリエに手を出していなかった・・訳ではなく。

書くタイミングを逸していました。

やっと運命の章が終わりました。

ルルアの成長を見守る師匠か近所のおばさんの気持ちになりつつある。 

最近知ったのだけど、好感度システムがこのゲームにはあるらしい。

それによってキャライベントがあるのだとか。

まあ好きキャラでパーティ固めてるから、自然とそのキャラのイベントがある訳で。

特にオーレルはめっちゃイベント起こるなーとは思っていたんだ。

 

調合回数が関係する章が多い気がするのは気のせいか。

あとエリア解放がリドルによって、引き起こされることもちょっとびっくり。

さらに調合書があまり手に入らなくて、困る。

何がフラグで手に入るんだろう、イベントかなー?

 

リドルがわかりやすい上に、こう誘導してくれる感満載だからプレイしやすいゲームだなぁと思う。

アトリエ初心者にも配慮している感満載。

こういうゲームいいと思うよ、やりこみも大事だとは思うけどね。

ゲーム談義「ゼノブレイド2」(6章)

6章終わりました。

ゼノブレイド2はやっぱり王道少年(もしくはラノベ的)ゲームですな!

先が気になるワクワクさがある! 

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

 

戦争回避かと思えば、皇帝陛下が死に。

また人が死ぬのかと思えば、ニアが特殊な力で助けてくれるし。

おそらく伏線ぽいものがめちゃくちゃあった章だったと思う。

次の国はジークの国ということで、ジークにフォーカスした出来事多かったし。

ジークが一応えらい人、王子ということに気づかなかったわたし不覚。

王子に見えなかったんだもんよ・・・不幸を集めすぎて。

 

まあ久々にやったせいで戦闘の回し方とかわからなくなってたけど、それもWiki見ながらなんとかやったらできた。

この安定さがゼノブレイドの楽しさの一つだと思う。

モンハンとか一度止めると再度プレイするのに、めっちゃ戦闘困るし。

 

個人的にホムラとクビトを中心に回しているけど、クビトは好感度を一定以上あげて覚醒させないと使えないNEETらしいので、早く成長してくれーと思わなくもない。

クビトは宮野真守ボイスだから使ってて楽しいんだけどいかんせん弱い。

ホムラは安定の強さなので。さすが天の聖杯。

 

7章もちょこっとやっているが、もう怒涛の展開すぎて逆についていけない。

そして迷子。(何回めだよ)

ゲーム談義「私立ベルばら学園」(望ルート・アクセルルート・???ルート)

終わったー!

私立ベルばら学園終わったー!

とりあえず自分の恋愛エンドだけでもと終わらせました。

望ルート

安藤さんと別れ、主人公を心の拠り所としてオスカルを演じる望さんがかっこよかった。

でもそれより主人公の叱咤激励にこのこ成長したなーと思ってしまった。

望さんとは百合カップルだけど、そこがまたいい。

いつまでも一緒にいてほしい。

 

アクセルルート

マリさんが切ない。

アクセルは正統派王子様というよりは、腹黒茶目っ気のある王子様だった。

マリさんとの関係で、もだもだしててギスギスしている主人公とマリさんとアクセルを見ていると、胸が痛む。

けれどそこから一歩踏み出して、アクセルが「好き」って言ってくれるのが本当に嬉しくて。

フィナーレでアクセルが帰ってきた時は胸が熱くなった。

でもアクセルの「スパイ」という設定は正直いらなかったのではと思う。

 

???もとい一騎ルート

まさかの安藤さん双子?!ではなく、別人。

全くの関係なし別人って新しい!

でも声でわかるだろーって思ったけどオタなんだから。

でも安藤さんより可愛くて、かっこよくて。

最後に愛してるって言われた瞬間、が一番よかった。

でもデートの時がめちゃくちゃ可愛かったので、それはそれで。

 

ベルばら学園フルコンではありませんが、めちゃくちゃ楽しかったです!

あとは別々のカプたちをくっつけて回る作業があるだけで。

ベルばらを元ネタにしたこのゲーム、わたし的に星4.5でした!

0.5分はアクセルの「スパイ」とか晶の兄弟説とかいらないなーって思う設定がいくつかあったぐらい。

設定過多だったかも。と思うところくらい。

あとは最高でした!

またこのディレで作ってほしい。待ってる。

ゲーム談義「私立ベルばら学園」(優ルート)

 ぎゃーまさかの!

ラヴィアンローズ先生が、先生だと思っていたのに・・・。

まさかの優さんが先生なの?!

という驚きが隠せない「私立ベルばら学園」。

優さんは趣味があう、というかお互いに許しあえるルートだったと思うの。

好きなことは好き、っていえるお互い。

・・・ん?でも、私立ベルばら学園自体がそういう話かも。

好きなもの、ひたむきなものにまっすぐに向き合う。恋も愛も、オタクも、舞台も。

そんな話が根底にある気がする。

 

優ルートは、ほんわかしつつ激しくはないけど熱烈な恋だった。

優が求めてくれるのがわかったし、それが愛だと恋だと、わかってしまう。

優しい優からは今までなかった、熱烈な恋だった。

激情ではないけど、それはそれで良い。

 

アクセルは激情の恋なんだろうな。ん?

アクセルと恋に落ちたら、マリさん恋敵?

まじかー、マリさん好きなんだけどなぁ。

 

次は誰にしよう。アクセルに行きたけど、マリさんーーーー!!!!