読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド」体験版(パート2)

パート1の続きです。

 

パート1はこちら。

 

catwith.hatenablog.com

 

もう5日を切りましたね!

体験版(第一章まで)をクリアしたので、体験版の感想を書きます。

 

一章で体験できるのは、彼らの距離感の違いとかを感じられる感じ。

特に誰とでもパーティを組めるのは美味しかった。鬼側、精鋭分隊側両方を混合でパーティ組めるのは楽しい。

また、無印でやったこと(例えばダリウスが主人公を強制的に操ったり)したことを反省していたり、無印では進めなかった関係を築けたり。

ダリウスの関係が一番なんかもやっとしたなぁ。近づいたり近づけなかったり。仲間というくくりに囚われて、親密になろうとしないダリウスが気になってしかたない。

 

他のメンバーも同じように、中途半端な恋愛で終わってる。この引っ張り方は一章だからだろうなーと思う。

二章以降が楽しみである。

自動人形(オートマタ)の萬が登場するのもまだみたいなので、楽しみ。

 

5日切ったとはいえ、楽しみで仕方ない。

一応最初に攻略するのは村雨先生と決めているので、村雨先生から特攻する予定。

次はダリウスかなー、好きな人からやる予定なので。

 

そんな遙か6FDですが、皆さんも楽しんでみてください。

とりあえず体験版だけでも!