体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

息の抜き方の上手い下手

仕事復帰して周りを見ると、凄くよくわかるようになったのが、「息の抜き方の上手い下手」。
なんのこっちゃと思う人もいると思うので、簡単に説明すると、仕事中に自分で休憩をちゃんと取れるかどうか、またそれが傍から見ても休憩っぽいか。ということ。
いわば息抜きってやつですよ、ね、簡単でしょ?(私はこの「ね、簡単でしょ?」が大嫌いですが)
特に人から見て、休憩っぽいかが重要だと思う。
特に私みたいな神経質な人の前ではできれば、あくせくしてほしくない。
さり気なく仕事はしてるんだけど、休憩もとってるよ。っていう姿勢が欲しい。(タバコ休憩がいい例)
そういう姿勢があると「なんかピリピリしてる・・・?」って空気が消えてうれしい。とても個人的には。


元々人間は60分も集中が続かないのに、数時間ぶっ通しで仕事なんてできるか!というのが持論なので、仕事する人はちゃんと休憩を取ってほしい。(いやぶっ通しでもミスなく続くんだったら別にいいけど、大抵の人はミスる)
持論にはもうひとつあって、休憩中の姿を見せることで、職場の空気を和やかにしてほしい!(これはお願い)


職場はただでさえピリピリしがちなのに、輪をかけてピリピリする必要はない!
今の職場で、一人でぴりぴりさせちゃう人がいるから、そう思うんだけど。
(迷惑だけど、別に悪い人ではないから怒れない)
逆になごやかにしてくれる人もいるわけで。そういう人がいるから怒れないってのもある。
そういう空気作りをしてくれる人は大事。私ができないから。他力本願である。