読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「下天の華 with 夢灯り 愛蔵版」(体験版)

「下天の華 with 夢灯り 愛蔵版」の体験版をやったので、感想書きます。

 

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版

下天の華 with 夢灯り 愛蔵版

 

 

下天の華は既にPSPで下天の華、夢灯りと既にクリア済み(フルコンプ)なので、目新しさはないが、下天の華のストーリー自体は好きなので、やっぱり買おうと思って購入を決定。

というか、ネオロマンスで私が買わない訳が無いんですよ。

ネオロマンスで、メモリーカードが圧迫する圧迫する。

 

ただ9月はゲーム発売が乱立しているので、レビューはどうしようかなぁ・・・。

攻略を後回しにして、他のゲーム進めてレビューするかも。

 

さて、前置きはこのくらいにして。

体験版の感想ですが、体験版は3章までしかプレイできないこと。

そうすると必然的にどうやって日中とかイベントが起こらない時間に過ごすかを考えた方が後々良いのだけど、たぶんこれ、初めてやる人には分かりにくいだろうなぁと思う。

フルコンプしたことがあるので、私は特に違和感なくシステムに入り込めたし、ここで何の技が(変化の技が使えるというのが、主人公の特技でもあり、システムの一部なので)必要か、とか考え無くてはいけないけど、それもよく分からない人には体験版をやり込んでもらうしかない。

それくらいネオロマンスはシステムは凝っているので、1度プレイして感触を確かめてほしい。

キャラに関しては文句なし。(ひいき目有ります)

声優さんも有名どころをそろえているし、私的に下天の華やってて好きになったのは、明智光秀織田信長羽柴秀吉かな。

明智光秀は雇い主として、主人公の真の姿を知っている唯一の人だし(愛蔵版ではそうではなくなるけど)、織田信長は城主として威厳がありながら面白いところがある(この辺は体験版でちょっとだけ味わえる)、羽柴秀吉は彼のルートを進めると、彼に正体がバレるというイベントはちょっとドキッとした。(BADENDフラグかと一瞬思った)

 

他にも楽しい面々はいますが、私のおすすめはこの3名。

この3名だったら、織田信長は攻略制限がかかっているので、明智光秀羽柴秀吉から始めるのが無難かな。

 

システムは快適。

オトメイトさんのように巻き戻しという機能はないにせよ、クイックセーブクイックロードが一番優秀なのがネオロマンスなので、私は好き。

バックログも勿論あるので、読みたいときに読み返せる。

またヒント機能があって、「このイベントを起こすには絆が足りないよー」と教えてくれる機能は、ネオロマンス以外にはない機能。

これがあるおかげで、私は攻略サイトに頼らずネオロマンスだけは攻略できます!!!

これを活用すれば、すぐに攻略可能です!(攻略制限かかってる人以外)

 

体験版が3章までということで、恋愛でいうと半ばくらいで止まってしまうので、もやもやするかと思いますが、発売まであと2週間切ってます!

皆さんそのもやもやを2週間先まで取っておいて、がっつりプレイしてみてください!

もちろん、愛蔵版は下天の華コンプした後にでも。

(最低限、織田信長ルートクリア後じゃないと話が分からないので、織田信長ルートだけはクリアしてください!!)

 

私も手をつけたらプレイ記録書きますので!