体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

東京周辺でないと生きていけないのか?という話

うーん、昔はそう思っていたんだよ。

東京周辺、少なくとも関東でないと生きていけないって。

ただしストレスがマッハだったことも追記しておく。

 

一人暮らしというストレスも確かにあったけど、仕事のストレスが酷かったし、何より健康によくなかった。

東京は薬を大量に出す医者が多いと言われているけれど、確かにそうだ。と思った。

実家である北陸に帰ってきて、主治医に「減薬しましょう」って言われたときは「ああ、多いんだ・・・」というのが感想だった。

一人暮らしの際は、体調が悪い日々が続いていたのと、仕事のストレスでデリバリー中心の生活をしていた。

具合悪くてもマック食べたりね。本当にあの頃はどうにかしていたと思う。

 

もし医師がもっと減薬に積極的で、一人暮らしがちゃんと出来ていたら、もしかすると暮らせていたかもしれない。

もし仕事のストレスがマッハじゃなくて、ストレスフリーな生活をしていたら、デブにならなかったかもしれない。

 

まあ、もしを考えても仕方がないところはあるんだけどね。

 

料理は好きだから、実家暮らしではクックパッド片手に料理するし、お菓子も自作するようになったし。

(一人暮らししていた時は器具はあったものの、ストレスと体調不良で作っていなかった。作れなかった)

 

ただ、東京周辺じゃないとできないこともある。

それは友達と遊ぶことと、積極的なライター(雑誌など)業は難しいということだ。

友達はまあいい。東京にいく用事があったら、ついでに会えばいいからだ。

問題はライター業である。そうそう通うことはできないし、そうなると自宅でできる仕事のみを請け負うことになるからだ。

それは難しいことだし、大変なことでもある。

 

今のところなんとか実家暮らしで困らない程度には稼ぎだせているので、なんとも言えないが・・・。

でも地方に住んでいるというのは仕事を探すという意味では辛い。

その仕事がなんであれ、同じだと思う。

 

そういう観点では東京周辺に住むことも視野にいれる必要はあるとは思う。

しかし、生活環境の便利さと、何より一般的なご飯の美味しさは地方の方が絶対良い!

ろくなスーパーないしね、駅前とか!

 

という訳で、体調が不安定な人には地方がいいと思います。

でも、仕事を探さねば!という元気な人には東京が良いと思います。