体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「ハイリゲンシュタットの歌」(初回プレイ)

エクステンドのゲーム、やる気は起きなかった時が多かったんですが、「ハイリゲンシュタットの歌」はちょっと気になって手をつけました。

クラシックと言うことで、金色のコルダと差が出るか?とか色々考えた結果、あまり近くないらしいと言う記事も見かけたので。

ハイリゲンシュタットの歌

ハイリゲンシュタットの歌

 

ぶっちゃけイラストはあんまり好みじゃない。

ただ、性格は好き。みんなバラバラで。

あとシナリオ構成も結構好き。1人づつ内面とかに面と向かって行くところが、RPGっぽくって。

ちゃんと伏線も引いているところがにくい演出。

 

まあダメだししたいところも結構あるんだけど。

あまりにも「ッッッ」が多用されているところとか。

読みにくい・・・ちょっとライターこっち来い。

 

あと主人公がノーテンキすぎ。孤児院育ちなんだからちょっとは苦労しているところを見せても良いのに。

主人公をどうにかして欲しかったところがあるので、マイナス1。

音の喪失の影響を受けないっていう点も、恋愛ルート入ったあとはカスリもしない。もうちょっとがんばろーよー!

 

今はヴィッセルート。

ヴィッセ不思議ちゃんだから最初にやりたかったんだよね。

不思議ちゃんが不思議と好み。

 

アルシェは次かな。

ハルトは最後になりそう・・・と思っていたら、クラヴィアに攻略制限がかかってるー!

強制的にクラヴィアが最後じゃねーか。ちくしょうアルシェの次にやろうと思っていたのに。