体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「I DOLL U」(初回プレイ&ツバサルート)

「I DOLL U」とは、また懐かしいゲームを!とお思いのかたもいるでしょう!

前々からやりたかったんですよ。藤原ここあさんの乙女ゲー最初で最後の作品ですし。

藤原ここあさん、惜しい人を亡くしましたね・・・。本当に残念でなりません。

さて、そんな湿っぽい話はさておき。

 

今回はかなり贔屓目入ってます。もうね、キャラデザが藤原ここあさんというだけで、贔屓です。その辺よろしくお願いします。

まあ前野智昭さんがいたのも購入理由の一つなんですけどね!!!

(大好きな井上和彦さんは、ほんとまじおそ松さんのお父さんやってないで、乙女ゲーに来て) 

I DOLL U - PS Vita

I DOLL U - PS Vita

 

 

さて内容ですが、

アイドルをやっている兄が手紙を残し失踪したため、身代わりになるためにアイドルグループRe;Rizeに入ることになった主人公。

まあ男装してますけど、早々にバレたりするんですが。可愛いし。

でも一生懸命女バレしないようにしているのは可愛い。みていてホッとする。

後アイドルとして頑張っていこう!という気概は買う。

結果的に女の子だとバレて恋愛することになるんで、急展開が嫌いな人は合わない話かもしれません。

 

とりあえず前野ボイスのツバサからプレイ。

王道ストーリーの展開は見えていたので、ツバサの厨二言葉も「あー、天然に真剣にやってるんだー。認められないって辛いだろうなー」と思って接してました。

正体バレした時も、「やっぱり?」って感じ。この王道展開が少女漫画っぽい、ここあ節かと思います。シナリオは関わってないんだっけ?(ディレクターは違う人のはず)

 

いまイツキルートプレイ中ですが、ドMとここあ節のセリフが効いてて楽しい。

「いぬぼく」で「メニアック!」って言葉があったように、イツキの「マイ・ダァム!」がここあ節セリフだと思うの。

多分意味はマイ・プリンセス的な意味なのかな?ちゃんとイツキ攻略したらわかるのかな?

 

他のゲームと並行しているため遅くなりますが、感想書きますよー。

ホッとしたいときにするゲームだと思いますね(笑)