体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

FGO、「アガルタの女」まずはレジスタンスのライダー登場!どこへ向かうかも決定!

まずはフェルグスが本当にフェルグスなのか、というところから。

こんな幼い少年が、フェルグスな訳ないですよねー・・・よね?

そうそう女性と見れば夜を共にしようとする、変態ですが、何か。

嫌いじゃないですよ、そんな人。だけど今のフェルグスから見ると、変な男ですよねー。

そして誰かの野営地にたどり着く一行。

誰の野営地なんでしょうね?誰というより、グループかな?

野良の男ってすごい響きですよね、これびっくりした。

とりあえずアマゾネスの部隊をぶっ倒した後、ここにもサーヴァントたちがいるのなら、情報を得られるのでは?ということに。

野良の男ってあんまりいい響きではないのですが、このキーワードが後々響いて来るのです。(ちょっと先のネタバレ)

そしてアマゾネスの町に行ってしまってからのこと。

なんだかアマゾネスが男を下僕のように扱っています。

飼われてるというのが正しいようで。アストルフォなんて、格好の餌食にされそう。

お、なんか親玉みたいなの来たー!

え、身の保証はしてくれるのに、見返りが飼うことなんですか?!

そんなことないよ!お前をぶっ倒してしまえば、そんなことはしない!

軟弱者の誹りを受けたままではいられない、と言いつつ、やっぱりマスターの護衛のままのフェルグス。

その言葉に反応したのは。

レジスタンスのライダーだ!

なんだこのイケメンおじ。だが私はアラフィフのアーチャーが好きでして。

手助けしてくれるキャラクターとしては味のあるキャラだろう。

そんなレジスタンスのライダーが招いてくれた場所、安息地というかレジスタンス本部がある場所で。

まるで桃源郷のような場所だった。

この少年もフラグかなあ・・・フラグじゃないといいなぁ。

スイーツが似合いますよ、アストルフォさん。

あざといJKとは某御前のことかしら?

で、美味い!ということが言いたかったらしいです。

モリアーティを思い出してしまうね。

最終的に彼は敵でもあり、味方でもあった。

そうそう。

先ほど残虐無双を尽くしたのは、黄金郷(エルドラド)のバーサーカーというらしい。というところまで判明。

それぞれ「不夜城」「黄金郷」と名前のある都市に君臨している女王や女帝のことを指すらしい。思わず新宿を思い出してしまうね。

確かに。と言えるのは、多分男のマスターだけなんだろうな。私には言えないや。

みんなの訓練に混ざりたがるフェルグス。可愛い。このままの彼を現界してほしい。

うーん、入れてくれるかなあ・・・多分入れてくれそう。

はい?

諦めない、諦めずに生きることが戦いであることになることもある。

そういう教えかな?と理解した。

もともとアストルフォは自由気ままな生き物だから、自由を求めている人たちのことをきにするのは当然かも。

そして目指すは川の海賊・・・とは、ちょっとアレな表現ですが。

ともあれ行くべきところは決まりました!

そうね、川なのに海だものねー。

デオンちゃんの言い分はもっともだー。

 

今日はここまで。

明日は次の都市に行って、ある人物と会う・・・!