体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

リゾバで鼻緒が痛くて、結局貸与されている草履を使わなかった話。

こんにちは、「にゃおんの飼い主」です。

 

リゾバも一週間。やめようとは思いませんが、辞めなさいと言われたら怖いなぁと思いつつ。

あと、隣の部屋に誰か入ったら嫌だなぁと思っている。

今が一人暮らし状態で、色々人目を気にせずに過ごしているので、余計にそう思うのかもしれない。

 

目下の悩みは、部屋干しの臭い匂いと、メシマズ。

部屋干しの匂いは、ファブればどうにかなりそうだけど、メシマズはどうにもならん。

まあわかっていたことなのです。

リゾバ来る前に、営業の担当さんから「ここはマズイですよ」と言われていたのである。

あまりにもメシマズなため、冷凍食品にお世話になる始末。

メシマズをどうにか対処しようかと思っていたら、「漬物作ったらいいよー」と同じリゾバの子から聞き。

でも漬物作ってまでご飯食べようと思わないんだよなぁ・・・悩む。

だったらパンを買って食べている方がましだけど、そんなこと思わないのかなぁ、リゾバできてる子達は。

まあお金が勿体無いという気持ちはあるけれども。それよりちゃんと食べなきゃ、と思っている。食べてないけど。(二律背反)

 

そうそうタイトルにある通り、貸与されている草履を使っていません。

当初、緊急避難的に旅館から借りている草履を使っていて、新しく来た草履を使おうかと思っていたのだけど、あまりに草履の鼻緒が太くて使えない。

すぐ草履が抜けてしまうのである。・・・辛い。

しょうがないので、旅館から借りている草履を使っていこうかと思う。

でも慣れたら使えるのかなぁ・・・勿体無いなぁ。

 

ご飯のメシマズ状況はどうしようもないので。

鼻緒からどうにかしようと思います。