体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

リゾバ初のお休み(公休)。四日間のことを振り返る。猫がいなくて寂しい。

まず大好きになったのが女将さん。

丁寧な物腰(当たり前か)で、自分のことも他人のことも下に見ない。

私のこともしっかり指導しながらも、優しいトーン。

・・・ホテル本社から雇われている人とは大違いだ。(女将さんは雇われ若女将)

 

厳しいことが悪いとは言わないけど、厳しいと萎縮してしまう。

萎縮すると目が見れなくなって、目が見れないと笑顔が作れない。

そういった悪循環に陥って、人と上手に接せなくなる。

私って面倒な性格しているなあとは思うけど。

 

もともと人と接するのが苦手な性格なので、ついでにここで人と接する能力をつけたいという気持ちもある。もちろん、そんな生易しいところではないことも重々承知の上。

救いは毎日家族と電話できることと(今現在個室同然なので)、朝や夜にテレビ見放題なところ。

一人暮らししている時もそうだったけど、一人でいるとテレビつけちゃうね。

 

辛いのは猫がいないこと。

普段猫と一緒に暮らしているから、猫のいない生活に耐えられるかどうか。

あまりに辛くなって、一旦実家へ帰ってしまった。

猫に会った瞬間楽しくて、父親もいたのだけど、猫を抱っこするので忙しかった。

存在が癒しなんだと思う。ペットセラピーっていうけど本当だね。

 

五日目にして実家に帰るとは、根性なしかもしれない。

猫とゲームのない生活に耐えられない。

ゲームはかろうじて、6/9に届くので、がっつりやり倒そうと思う。(奇遇なことに9日は休みである)

こちらは別途ゲーム談義をお届けする予定)

 

猫の気配がない生活って、少し不思議。

ちっちゃい気配がない、子供みたいなものだからかな。

 

思わずリゾバのグループラインに「猫がいなくて寂しい」と打ってしまった。

打ったあと後悔(いうべきことじゃなかった)した。

でも打ってしまったものは仕方ないので、ぬるい目で見てもらおうと思った。

 

みんなペットとか飼ってないのかな。(実家の場合)

そして寂しくならないのだろうか。

人恋しくはないけど、猫恋しい。