体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

1ヶ月地元の百貨店でバイトした話。いろんな人と出会って、いろんな人に助けられた。

珍しい話(私の中では)を書きます。

 

5月の一ヶ月、私は地元の百貨店で派遣社員として働いてきた。

最初は「〇〇ドーナツ」(ミスドではない)、次に牧場直送の牛乳屋さん、最後にお好み焼き屋さん。

バラエティに富んだところに入ったが、ギブアップしたのは牛乳屋さんだけ。

他は辛くとも楽しかった。

 

何が得られたかというと、

  • 派遣や百貨店の店員さんとの会話と絆
  • あったかい心を持った店長さんとの出会い
  • パワフルでかっこいい女性SVさんとの出会い
  • 外国人とのふれあい(なぜ地方百貨店で・・・)
  • いろんなおじいちゃん、おばあちゃんとの出会い・接客

 

こんな感じ。

いろんな意味で刺激的すぎて、疲れて睡眠が取りやすかった(笑)

一番よかったのは、派遣さんや店員さんと出会いがあったことかな。

お互いの苦労話とか、愚痴を聞いてもらったり、散々助けてもらった。

予想外に面白かったのは、外国人とのふれあいだったかも。

ドーナツはともかく(外国にもあるお店なので)、お好み焼き屋でまさか外国人と触れ合ったり、話をしたりする機会があるとは思わなかった。

おかげてちょっと勘を取り戻した気がする。(英語の)

 

百貨店って面白いなーと思った。

いろんな人がくるし、いろんな人が働いているし。

苦手というか怖かった人もいる。

 

例をあげると、

牛乳屋さんのおじいちゃんが本当に怖くて仕方なかった。

いつも怒鳴る。何かしても怒鳴る。牛乳屋さんなので、ソフトクリーム売るのだけど、ソフトクリーム作るのが下手だと横から割り込んできて「お前どけ!」って言ってくる。

チャンスすら与えてくれない。

挽回のチャンスを与えてくれないし、なにやっても、「お前使えないな!」「早くやれよ、なにトロトロしてんだよ!」ばっかり言う。

私派遣2回目ですけど?!と何回か怒りそうになった。(しかして怖くてそんなことは言えなかった)

おじいちゃんの対応に、私は泣きそうと言うか、泣いちゃったこともある。

「ありがとう」の言葉一つもない。ひどい。

と思ったけど、おじいちゃんも色々きっと思うところあって、言葉が先に出ちゃうのかもしれない。と客観的にはわかる。

おじいちゃん側の事情もよくわかる。

けど、理屈と感情は別!おじいちゃん怖い!

そんな訳で、おじいちゃんの牛乳屋は3日でリタイアしました。派遣元の営業さんリタイアさせてくれてありがとう。

 

まあ営業さんにも、おじいちゃんは私の悪口(詳しくは知らない)を言ったらしく、営業さんは温厚な人なのですが、ブチギレ。

本当は2週間派遣を入れる予定が、そんなこと言う人のところにはもう派遣は入れない!と言い切って、1週間できる!と言った。

泣かされた私もどうかと思うけれど、営業さんのブチギレ方にもびっくりした。

 

他はちゃんと完遂。

特にお好み焼き屋さんはよかった。

とても優しかったし、チャレンジを何度もさせてくれて、見守ってフォローしてくれる体制がとてもよかった。

多分人を使うのがとてもうまいんだと思う。

人を使うのがうまい人ほど、下で働く人はとても気持ちがいい。

「ありがとう、ごめんねやってもらって」の一言があるだけで、とても気持ちよく仕事ができるし、率先して作業をしようと思える。

 

まあ躁鬱の躁状態が続いているからできた仕事かもしれないけど。

 

さぁ、実は6月から旅館で仲居さんのお仕事(通称リゾバ)が待ち構えております!

リゾバで稼いで、旅費を稼ぐ!予定!

三ヶ月なので、頑張っていきたいと思います!