読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」(パート3)

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」、澪ルート終わりました。今は香織ルート突入中です。

 

感想パート1はこちら。

 

catwith.hatenablog.com

 

澪は典型的なテンプレツンデレでしたね。でもストーリーとしては、三角山の調査ばかりで、お色気イベントというか、ラブイベントがあまりなく、探索パートばかりだった印象。

もっとラブラブになるシーンがあっても良かったのではないかと。一応ギャルゲーでもあるんだし。(元はエロゲ)

 

亜由美ルートなどの他ルートと比べると、ちょっと糖度が足りないかなー。

もうちょっと欲しかった。

 

ただシナリオ的には核心に迫るものがあって、ドキドキハラハラの連続でした。

ほかのルートで手に入れたアイテムがここで利用できるようになっていて、「ああこういう構造なんだー、ADMSってすごいなー」と素直に感心。

改めてこのゲームの構造が素晴らしいことに気づく。

 

エンディングが3つあって、全てのエンディングで誰かしら死ぬんだけど、それがまたドラマティック。

 

香織ルートが終わったら、神奈ルートをプレイする予定なので、少々お待ちを。

いまCCCにはまっているので、CCCが先になるかなー。

ブルーリフレクションはもうちょっと後。なかなか先に進める気力が湧かないので、あとまわしになっています。

 

YU-NOとCCCが先かな。

いつになったらユーノに会えるのやら。まだわかりません。