体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド」(パート3)

やっと終わりました!「遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド」の九段エンド!

九段はがっつり藤堂と絡んできましたねー。まさかあそこまでするとは。

思いが通じ合ったあとは、同じ星の一族である藤堂を助けるために奔走するという。

まさか未来の世界に1年も滞在・・・!でも逆に1年で解決したほうがすごいのか?

 

じれったいところもあったけど、九段らしい恋愛だった。

ストレートに好きって言ってる間は「友達以上恋人未満」で、「恋人」になるとうかうか好きともいえなくなる。

でも最後らへんはキリッと「好きだ」と言ってくれたので、九段も男として成長したなぁと思ったり。

九段エンドは無印ロンド甲乙つけたがたいなぁ。

どっちも美味しい。

千代がおばあちゃんだと分かる無印も、一緒に京都の実家へいくロンドも。

どっちも美味しいから決められない。

 

次は間をあけて秋兵かルードハーネにいきます。

アンジェをプレイしたいので、間が空くという・・・。アンジェは時間かかるんだよねー、楽しいからいいけど。

その点、遙かは周回プレイやりやすいようになっているので(よほどやり込み要素を頑張らなければ)楽チン。スチルの取り忘れとかないしね。

そのへん現代らしい作りなんですよね、遙か6。

遙か3Ultimateはたぶんシステムそのままで来るはずなので、周回プレイがきっついだろうなぁ。

知盛までたどり着くのに何時間かかるのか、考えたくもない。

(だって全てのルートやって、+大団円までやって、やっとたどり着くんだよ?!)

スチルが新規で結構ある(たぶんその代わりアニメが削られていると思われ)らしいので、そちらもたのしみ。

遙か6もロンドもそんなにスチルなかったので、遙3のスチルの多さにきっとみんな戸惑うことでしょう。(未プレイの人は)

 

遙か6ロンド初回プレイはこちら

 

catwith.hatenablog.com