読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド」(初回プレイ)

ゲーム談義

さて!始めました、「遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド」!!!初回プレイを書いていきます!

待ちに待っていて、実は前日眠れなかったのです。(朝五時まで起きてた)

ダウンロード版で、既に体験版をプレイしていたので、さくっとダウンロード自体は終わり。

体験版(第一章まで)のプレイ記はこちら。

 

catwith.hatenablog.com

こちらで第一章までのプレイ記は書いたのだけど、追加もあるので、改めて書きます。

 

第一章は顔見せと、協力関係が描かれていて楽しかった。

無印で対立していたから余計そう思うのかも。まあ最終的には和解したけども。

あと新キャラが目立った。なんなんあの胡散臭さ。藤堂め!絶対お前黒幕に一枚噛んでるだろ!!!と。

第一章の探索パートでも色々恋愛の前段階みたいなフェーズはあったけど、二章に入るとぐっと距離が縮まった感じがする。

今は村雨先生とダリウスを中心に攻略し(初回エンディングは村雨先生予定)、村雨先生のイベントをさくさくこなしているけど、中々難しいわこの人。

年が35歳という私の好きな年齢(遙か1の友雅さんが35歳だったから)ということもあって、初回特攻してるわけですが。

探索パートは前作の引き継ぎ特典(札のレベルが最初から20レベルある)があるので、そんなに苦労せずだったのですが、村雨先生のイベントがちょっと難しい。

村雨先生をパーティに加えずに行動する、とか行動に制限がかかるものが多くて、ちゃんとヒントを見ながらじゃないと出来ない感じ。

村雨先生の政治家としての道を見守りながら、政府と対抗していく。っていうのが村雨先生のメインストーリー。

で、主人公としてはそんな村雨先生を支えたい…!涙ぐましいぜ!

 

三章からは、二章のストーリーを引きずりつつ、恋愛が地道にすすんでいく感じ。

特に村雨先生から「悪女(とは言ってない)になりかねない」と言われるのは快感。嬉しい楽しい!

村雨先生には「ガキ」扱いから「悪女(予定)」までなんだか言われ方が上がってきて、ちょっと嬉しい!

 

でも未だにガキ扱いなのは年齢差か・・・そうか。

ならば色気を見せてやろう!(とはならないのが遙かである)

 

村雨先生めっちゃくちゃ楽しいです。

ダリウスも途中まで恋愛段階すすめたけど、途中なので、ダリウスはちゃんと最初からやり直してプレイ予定。引き継ぎしたいものもたくさんあるし。

そういえば、拠点変更に意味はあるのかな?今のところどの拠点にいようと同じイベントがおきそうな気がするのだけど。

二周目から気にしよう。オートマタの萬ルートも気になるが…ダリウスの後かなぁ。