体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「Code:Realize 〜祝福の未来〜」(パート3)

サンアフターストーリーと、ショルメルートが終わりました!

サンとショルメに関してネタバレでいくので、ネタバレ回避の方は読まないでください!

 

前回の記事はこちら。

 

catwith.hatenablog.com

 

 

~Code:Realize ~~祝福の未来~~  - PS Vita~
 

 

ここからネタバレ。

 

まずはサン。

各地を放浪しながら、主人公の毒素を抜くために旅をしているんだけど、でも中々見つからない。

手がかりはサンの友人であったトリスメギストスの資料。だけど、盗掘にあっていて、見つからないと来た。

でもパリにいた二人の元にルパンが現れる。

ルパンが現れることによって、サンは動揺する。

このまま主人公から毒素が抜けたら、自分を見てくれないのではないかと。

毒素が抜けても、自分と一緒にいてくれるのか不安になるサン。

 

この時のサンの慟哭が一番響いた。

サンと一緒に行動しているのに、すれ違う心。

サンが特殊な体をしているから、話せないこともある。

 

この辺りが見所かな。

ただサンのルートは割と淡白で、他と違ってあまりラブラブな面がなかった。

どちらかというとシリアスで、主人公の毒素を消すということについての話が大多数。

本編のサンは楽しかったけど、アフターはそんなに好きになれなかったなぁ。

 

 

次、ショルメルート。

シャーロックホームズであることを明かし、ルパンたちの屋敷から逃げてきた主人公を匿ってくれるという。

色々な事件を経て、ジェームズ・モリアーティ(ジミー・A・アレスター)との戦いのための準備をしていくショルメ。

ショルメが一番憎く、敵であると認識しているジェームズ・モリアーティとの対決は見物。

ジェームズ・モリアーティの策略によって監禁されるショルメだったが、ルパン一味を伴った主人公によって助けられるショルメ。

 

でも一番かっこ良かったのは、ルパンのこの台詞。

 

f:id:nyaon0511:20161127204829j:image

犯罪の王とまで言われた、ジェームズ・モリアーティに対してこの言いっぷり!

カッコいいにもほどがあるぜ!ショルメがかすんでしまう。

 

ルパンはどのルートでもかっこ良く登場してくれるので、貴重な存在。

さすが本編で攻略制限があっただけだるぜ。

 

次はフランとインピーかな。

最後にアナザーストーリーをもっていきたいと思います。