読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ソウル旅。2日目中編。ロッテマートから夜景ツアーまで。

雑記

ソウル旅、2日目中編。2日目はやっぱり3つにわけた。

夜の屋台編が入りきらなかったのである。まあそれはおいおい・・・。

 

午前中のツアーが終わって、ソウル駅前にいったら何故か、大量のキムチを漬けている軍団がいた。

なんだなんだとツアーガイドさんと一緒に近づいてみれば、どうやらキムチを自分の家で作れない人(高齢者、貧困、一人暮らしなど)のために皆で漬けているらしいのだ。

f:id:nyaon0511:20161106215942j:image

おお素晴らしいと思いつつ、ちょっと野次馬精神で近づいてみれば、漬けたてのキムチを食べるか?と言われる。

ガイドさんに通訳してもらいながら、口の中に白菜キムチを突っ込んでもらった。

・・・う、うまい!!!

日本のキムチがかすむほどうまかった。

酸っぱくないし、辛さもちょうどいい。漬かりすぎてない感じもいい。

これは韓国のキムチを買って帰らねばと、ちょっと言葉の壁を感じながらもロッテマートへ。

(駅前にあるドンキホーテみたいなもの。大型スーパーと言ってもいいけど、私の感触ではMEGAドンキだった)

 

ガイドさんと別れ、いざ買い物へと意気込んだが・・・お腹すいた。このまま買い物に突入すると、胃が痛くなるか、夜ご飯でリバースしてしまう。

しかたなしにロッテマートのフードコートへ。

ロッテマートのフードコートには韓国料理屋もあったため、すかさず注文。私は餃子。

韓国のフードコートは先に他と一緒のデスクで注文して、整理券を貰って待つタイプなんだなぁと思いながら、待ってみた。

f:id:nyaon0511:20161106215950j:image

出てきたのは、でっかい蒸し餃子。おいおい小腹を満たすくらいの餃子を思って注文したのに、なんでこんなに大きいのが4つなんだ。

f:id:nyaon0511:20161106215959j:image

母は辛い小鉢がついたソルロンタン。(牛肉を煮込んだスープ)

 白濁がマイルドで美味しかった。でもやっぱり量多い。

(文化的に残すほど出す、というのが文化らしい。残さないのが美徳な日本と違いますな)

 

ホテルの近くだった市庁舎。

なんか牛肉のイベントやってて楽しそうだった。

f:id:nyaon0511:20161106220048j:image

 

今回泊まったホテル。

安い割に結構立地がよくて、夜帰るときに怖いことも何もなかった。

f:id:nyaon0511:20161106220018j:image

 

でホテルで一旦休憩したのち。

夜のツアー「夜景ツアー」に繰り出した。

最初は免税店(工芸品の土産もの)へ連れて行かれたがすぐに飽きる。

次に焼き肉。なんでカルビをここで食べてるんだろうと思いながら、食す。

f:id:nyaon0511:20161106220029j:image

 骨付きだから切るとこんな感じ。

f:id:nyaon0511:20161106220108j:image

 

途中「GOTOモール」なる、高速バスターミナル地下街でお買い物。

私は何も買わなかったが、母が買い物をしていた。

服と靴、それから化粧品。

どれも大して高くなく、明洞なんかで買ったら高いんじゃ・・・?と思いながら、見ていた。

私はパジャマが欲しかったけど、上下セットがなかなかなくて、断念。

 

最後は63ビルにて夜景。

ここからの夜景は橋のライトアップが綺麗に見えて、車のランプがいい感じに写っていた。

f:id:nyaon0511:20161106220118j:image

f:id:nyaon0511:20161106220127j:image

 

これにて「夜景ツアー」は終了。

その後明洞で解散したのち、明洞へ繰り出す私たち。

お目当ては屋台。

昼過ぎには顔が青白かった私(理由あり)だが、屋台になると俄然張り切るようになった話は、また後で。