読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「逢魔が刻〜かくりよの縁〜」

2016年超もったいない作品グランプリにあげたい。

絵師も声優も揃っているのに、シナリオと全体的なバランスが酷い。

凄くもったいない作品ですが、あまりに酷いため、2人目攻略で挫折。

1人目を常磐にしといて良かったような、悪かったような・・・。

常磐を先にやってしまったから、他のメンバーをやるのが面倒になったっていうのも一因にある)

 

 

逢魔が刻 ~かくりよの縁~

逢魔が刻 ~かくりよの縁~

 

 

エクステンドさんから初の乙女ゲーム

既に第二弾も決まっているようだけど、この分だと期待できないかなぁ。

声優的には凄く期待しているんだけど。

 

さて、逢魔が刻の話に戻りますが・・・。

簡単に言うと異世界トリップもの。

幽世(かくりよ)と呼ばれる妖怪たちの世界に飛ばされた主人公は、そこで幽世の神様である月白に出会う。

月白は自分の管轄である学園に入ったらどうかとすすめ、主人公はそれに従って学園に入り、幽世の警備隊としても動くことになる。

(戦闘力が無い主人公が警備隊に入ることが既に疑問)

その中で、同じ生徒の仲間と絆を深めたり、謎の探偵、常磐や月白と仲を深めたりする。

 

・・・基本ストーリー書いても、凄い気になるところばかり。

月白はまだいいよ。神様ってポジだもん。とりあえず何やっても「神様」だから。で許される。

常磐もストーリー濃厚でした。さすがメインストーリーキャラ。

幽世の敵がはっきりするし、常磐の過去や主人公とのつながりも密接であったことが分かる。

他がなぁ・・・まだやってはいないけど颯はまだマシだと聞くけど、宵宮先生は微妙でした。(途中)

あと、このご時世に全く合わない「主人公のデフォ名呼びがない」ということ。

 

大雑把に言うと、この辺りがイラっとする辺りでしたが、それ以上にイラっとしたのが、主人公の立ち位置。

アマゾンのレビューとかでも書かれているようだけど、戦闘力がないのに警備隊に所属したり(だったら大人しく守られてろよ)、努力もしてないのに重宝がられたり。

・・・こんなに感情移入できない主人公も昨今稀だよ。

いや、主人公に感情移入できなくてもストーリーに萌えることは多々あるのに、主人公のイラっとする行動1つで全て台無しになる。

何もできないのに「私も手伝います」、何も出来ないのに「頑張ります」

・・・何も出来ないなら、遥か1の神子みたいに後ろで守られてろよ!(遥か1大好きです)

 

いや、できないならできないでいいんだよ?

守られている存在でいればいいし、頼れば良い。

そこにぐっとくる攻略対象男性陣がいて、「どうしても御願いします・・・!」とか言うシーンでスチルがあったりするととても良いと思う。

できないのに「頑張って手伝います」なんていうなよ。落差感じるじゃん。

 

主人公に好感持てないと、乙女ゲーとしては終わってるので、これ、本当にもったいない作品だと思う。

 

スチルや立ち絵は綺麗。たまにスチルは崩れてたけど。

立ち絵のバージョンは増やした方がいいかな。みんな表情しか変わらないのは、予算不足か?

上記のように全体的に力不足を感じる。次作をやりたい気にはさせられなかった。

結構良いコメントつけてる人もアマゾンにはいましたが、どの辺りにきゅんと来たり、ワクワクしたりしたんだろう。ちょっとわからなかった。