読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

読書「うみねこのなく頃に episode6 Dawn of the golden witch」を呼んでみた。戦人とベアトリーチェの愛の物語だった

仕事でうみねこを読んだ。

うみねこのゲームはep4までしかやっていないため、新鮮な気持ちで読むことができた。

だが、ep6は戦人とベアトリーチェの愛の物語で、ちょっと食傷気味。

ロノウェさん至上主義としては、それはいらなかった・・・と思わざるを得ない。

ep6ではロノウェさんは端役のような立ち位置で(漫画版だからかもしれない)あまり登場しないのが、うーん・・・つまらない。

ベアトリーチェ(姉)とベアトリーチェ(妹)がいることにもびっくりしたし、家具である紗音と嘉音が戦うというシチュエーションにも驚いた。

けして悪いことではないけれど、愛を貫くという一点に関して、話が二転三転するところはちょっと冗長だったかなぁと思う。

 

いまシナリオライターの勉強もしているから、よけいそう思うのかもしれないけど、冗長になると読み手としては読むのが大変。

スマホゲーとは違うのは重々承知だけど、もっと簡潔でもよかったかなぁ。

(ゲームはもっと冗長なので、割とまとめたほうだとは思うけれど)

興味のある方、ep6をまだやったことない方は、読んでみると面白いかも。

 

魔術師バトラとベアトリーチェの愛の物語。

愛がなければ、見えない。

それを体現するようなエピソードだったと思う。

 

うみねこのなく頃に散Episode6:Dawn of the golden witch(1) (Gファンタジーコミックス)

うみねこのなく頃に散Episode6:Dawn of the golden witch(1) (Gファンタジーコミックス)