読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ピーターラビット展とダリ展を見てきた。田園風景のピーターと気が狂いそうなダリ

雑記

ピーターラビット展とダリ展を見てきた。

ピーターラビットは田園風景が広がるような感じで、ダリは気が狂いそうになる雰囲気で相反するものだったが、どちらも面白かった。

f:id:nyaon0511:20160924172237j:image

ピーターラビットに出てくるベンジャミン氏のポスター。

帽子が可愛い。

でも話はあまり可愛くないのがピーターラビット

ピーターラビット展は、イラストや絵本の挿絵が展示されていたのだけど、懐かしくて楽しかった。

(我が家には小さい頃ピーターラビットの本が一式あった)

ピーターラビットの話は一話しかなくて、他が殆どピーターラビットとは関係ない、というか周囲の動物たちの話で固められていた。

数え歌や教訓のようなものまで幅広く。

ただ、びっくりしたのは、ピーターラビットのお父さんが相関図において「うさぎのパイ」の姿でしか出てこないことにあった。

・・・え?お父さんパイなの?と。

この辺の描写はシュールである。子供向け絵本だとは思えない。

 

逆にダリは気持ちが悪いほど、真摯に狂っていると思った。

狂っているという表現が正しいかは分からないが、ぞくぞくして気持ち悪い感じが酷くしたため、こういう表現にした。 

f:id:nyaon0511:20160924172243j:image

最初のほうは肖像画や風景画が多く、あまり気にならない感じだったが、後半に行くにつれて気持ちが悪い作品が多くて、目がまわるようだった。

20世紀の人であるため、映像作品に関わることが多く、映像が多く残されていた。

・・・それが酷く気持ち悪い。

グロいのと、気持ち悪いのの中間くらいで、背筋から頭にかけてぞくぞくした。

シュルレアリスムが酷いのか、ダリが酷いのかは分からないが(ダリ以外のシュルレアリスムを知らないので)とにかく酷い。

 

気持ち悪いということにかけてはダリはトップだろう。

割とシュールなものに耐性があると思っていた(例えば、イヌカレー作品とか)のだけど、そうでもないと思い知らされた。

 

 

どちらの展示も面白かったが、気持ち悪くならなかったという点で、ピーターラビット展に一票いれたい。(いや本当にダリは気持ち悪かったため、お土産屋さんも満足に見れなかった)

二つの展示を見れただけでも、東京に行ったかいはあったと思う。

次に行く時があれば、また展示を見にいきたい。