体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「マジきゅん!ルネッサンス」(パート1)

初回プレイパート0ということで、ここからパート1にしました。

一条寺ルート、庵條ルートクリア。

一条寺ルートも全てエンディングクリアしました。

 

初回プレイの記事はこちら。ネタバレなし。

 

catwith.hatenablog.com

 

作品はこちら。

 

マジきゅんっ! ルネッサンス 通常版

マジきゅんっ! ルネッサンス 通常版

 

 

一条寺ルートに限ったことじゃないけど、ちょっと話が冗長かなと思った。

もっとテンポよかったら、もっとよかったかなぁとも思う。

あと立ち絵。もっと枚数欲しかった・・・。

OPがいつでも見れないのもちょっと気になった。

こういうこというと批判的かもしれないけど、でも映像も基本ストーリーも好き。

全部肯定はできない作品かもしれないけど、いいところいっぱいある惜しい作品だと思う。

 

一条寺ルートは彼と家の問題、それから主人公の家との確執(主人公の家は特に確執に思っていない)がメインの話だった。

家のしがらみに縛られる彼の心を解きほぐしながら、彼と心をつなげていく・・・というのが、メインストーリー。

段々一条寺がデレていくのが面白かった。これがツンデレか・・・。

期待していたサンライズの映像だけど、すっごく恥ずかしかった。

朝チュン??朝チュン?!ってなって、今までのダイジェストも映像になっていて、「おおい、これだけで別にいいんじゃないの??」と思ってしまった。

他のルートも恥ずかしいのかなあと思ったら、庵條ルートも恥ずかしかったよ・・・。

 

庵條ルートは瑠依のトラウマと向き合ったり、瑠依のミュージカル出演を応援したり、自分の力に困惑したりと、星フェス(作中での文化祭)以外のところで大忙し。

もちろん、星フェスでの話もメインに入ってくるけど、一条寺ルートよりは入ってこなかったかなぁ。

他のルートはどうなんだろう・・・。

典型的なチャラいけど、心に何か抱えてる人、という典型パターンなところは、一条寺とそっくり。

やっぱり映像も恥ずかしかった・・・。

 

2名やったので、次も2名やったら書きます。

でもうたわれの記事も並行するので、やっぱりあんまり早くないかも。

うたわれ好きな人はもう少しお待ちください。うたわれ次上げます。