読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「Collar×Malice」(パート3)

やっと、やっと全攻略完了したので感想レビューします!

カラーマリスの柳さんルートまで一気に遣り切りました!

長かった・・・長かったよ!

個別ルートにとても早く入るので、スキップするところもないし。

いや、スキップしちゃったら事件の謎がちゃんと解けないので、スキップなしでいいんだけど。。。

 

Collar X Malice 予約特典(ドラマCD) 付
 

 


 

 

ネタバレ回避したい方はこちらの記事を。

 

catwith.hatenablog.com

 

榎本ルートと岡崎ルート、白石ルートの攻略の感想記事はこちら。

 

catwith.hatenablog.com

 

いやぁやっぱり最後に柳さんでしたね!!!

攻略制限としては彼だと思っていたけど、やっぱりそうでしたね!!!

白石さん、笹塚さんはうっとりと楽しむことが出来た。

白石さんもだけど、皆さんBADEND多すぎ・・・。

一個間違えただけで、即BADENDとか多かった。

 

さて、ここからは個別感想。

 

まず笹塚さん。

 サイ犯(サイバー犯罪対策課かな?)の凄腕だったらしく、情報収集能力に凄く長けているお方。

でも人を信じるとか、情とかそういったものに頼らず捜査してきたので、主人公の「信じる」「情に訴える」などのやり口は新鮮で、逆にイライラもする行動なのが見て取れた。

白石さんとは違ったタイプで主人公のことが苦手な感じ。

ただドーナツ好きっていうのはギャップがあって可愛らしかった!

可愛さで言えば、岡崎さんより上じゃないのかなぁ?!

笹塚さんも結局X-day事件の核心に迫ることはできないルート。

たぶん白石さんの方が内部事情的に核心ではないか?と思っている。攻略制限あったし。

 

最後に柳ルート。

これはきっちりまとめて来ましたねー。

X-day事件の全貌、交換殺人やゼロと呼ばれるまとめ役の正体。(ここでは誰とは言いませんが)

幹部格の連中も出張ってきて面白かった。

まさかあの人がまとめ役・・・!と思わせるシチュエーションのつくりは見事の一言。

このルートだからこその見せ方が上手くて、ちょっとCode:Realizeを思い出してしまった。

演出手法が似てるからかな?あっちはもっと明るいイメージだけど。

柳さんがあんなに熱い人だとは思わなかった。

他ルートだと本当に事務所メンバー+岡崎さんの「お父さん」みたいな雰囲気の立ち回りなのに。

さすが元捜査一課。やるときはやるんだぜ!

 

 

全体レビュー。

いやぁ萌えと警察というよくわからん組み合わせでよくここまで乙女ゲーに仕上げたなぁと感嘆の一言。

警察ってシビアでしょ?萌えの入る余地なくない?と思っていた買う前の私をぶん殴りたい。

ストーリーの雰囲気は「7'sCarlet」、ラストに至るまでの演出は「Code:Realize〜創世の姫君〜」に近い感じ。

一番萌えたのは、白石さん。

 

順番としてはこんな感じ。

①白石

②柳

③笹塚

④岡崎

⑤榎本

 

榎本さんごめんね、君の話は弟くんの印象しかなくて、萌えどころが分からなかったよ。。。

岡崎さんも楽しかったけど、BADENDで疑われることが場面があり、ちょっと嫌だった。それからわんころみたいな雰囲気の男性ってあんまり好きじゃないのもある。

 

ストーリー、萌えポイント共に盛り込んでおり、私の中では星4.5!

好きな声優さんがいない中で、この評価は高めだと思っている。

たぶんここに前野さんがメインキャラでいたら、星5確定なんだろうな。

(前野さんはサブキャラとして登場しています。。。最近多い強面系で)

 

以上、Coller×Malice(カラーマリス)の感想、レビュー記事でした。

皆さんやってみてください!値段以上の価値はあります!!

 

ちなみに話に出た「7’sCarlet」と「Code:Realize〜創世の姫君〜」はこちらの記事で紹介してます。

興味があればこちらもどうぞ。

 

catwith.hatenablog.com

 

 

catwith.hatenablog.com