読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

躁鬱の躁状態が酷いときの話

何度か躁状態が酷いって話をしたと思う。

ぐわーって波が来る時があって、そういう時はさみしくなったり、人と連絡を取りたくなったり、旅行に行きたくなったりする。

逆もあって、旅行に行ったり、人と楽しく過ごしたりしたあとに、起こることもある。

今回は逆の「旅行に行ったあと」が該当すると思っている。

旅行でテンションが上がって、そのテンションのまま過ごしているため、ソワソワしてムズムズして、衝動買いとかしたくなる。

もちろん、衝動買いというからには、買ってしまったらどうでもよくなる。

その衝動を抑えるために、他のこと・・・例えば人と話すとか、他に楽しいことをやるとかをしてみている。

特に夜は気が大きくなりがちで、衝動買い(特にゲーム)をしそうになるから、危険だなぁと思っている。

思っているため、頑張って衝動を抑えている状況。

 

躁鬱を患っている人には思い当たる節があるだろう。

患っていなくても、多かれ少なかれ衝動買いの経験はあると思う。

躁鬱で衝動買いっていうのは、人より激しい。

 

ちなみに私は御朱印帳も割と衝動買いだと思っている。

でも、それでご利益とか頂けるのであれば、神社巡りも悪くないかなぁと思っている。

そうやってポジティブシンキングしていないと、深みにはまるので注意だ。

 

逆にポジティブになりすぎてもいけないので、気分としては±0のフラットな状態に持っていきたい。

躁状態が+10とかに対して、鬱状態が‐10くらいかな)

主治医にもフラットになるように、と言われているので、頑張るしかない。

躁状態を気力で押さえ込む以外の方法があるか、探したい。

 

また仕事が全く進まない。

躁状態でも軽い時は、気分が良くて仕事が進んで仕方がないんだけど、躁状態って気分が悪かったり頭痛が多かったりすることも多くて、辛い。

もちろん、鬱状態でも気分が悪かったり頭痛が酷かったりすることが多いが、躁状態の方が「動きたいのに、気分悪くて動けない!」っていう感情があって、辛い。

鬱状態の時は「動けないし気分悪いし、もうこの世から消えたい」と消極的なので、気分的にとっても違う。

やりたいのにやれないのと、やれないから寝てる、のは全然違う。

 

そんな辛い状態ではあるが、仕事がなんとかこなせるようになるまで、復活したいと思ってはいる。

普通のサラリーマンもそうだと思うけど、仕事しないとお金入ってこないからね。

鬱で寝ているならともかく、躁で動けているのに仕事できないのはちょっと言い訳にならないからね。

前にも決めていた1日1本ペースで書けるように戻していきたい。