体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「ルフランの迷宮と魔女ノ旅団」(ゲーム開始直後のレビュー&感想)

私の苦手分野のDRPGに手を出してみた。

その感想とレビューを一発目に書く。

何故かというと、DRPGには珍しくイージーモードがあるため、比較的簡単に進められるのではないかという淡い期待からだ。

そんな作品はこちら。

 

 ちなみに攻略本もでるようだが、買おうか迷っている。

ウェブの情報だけでも良いような気がしてならない。が、それより有用な情報があれば買うかも。

追記:Wikiには最低限のことしか載っていなくて、地図とか欲しいなぁと思っているので、買おうと思う。

 

基本的にはDRPGの基本を踏襲している。

ただ、いったん入ったダンジョンから「魔女に報告する」というミッションが課せられるため、さくさく進むというよりは、進んでは戻り、進んでは戻りということを繰り返していくタイプ。

また、ダンジョンにもぐっていくのは生身の人間ではなく、妖路歴程という本のキャラになって、魔女が作った人形たちと共に潜っていくのがスタンス。

人形のため、クリティカルなどを受けると体の一部分を失うことがあり、そうするとぐんと戦闘力が落ちてしまう。

この加減が難しく、またゲームを面白くさせている要因だろう。

 

魔女とルカのやりとりも面白く、魔女のお使いクエストのような気分でクリアしていくタイプで、ストーリーも厚みがあって面白い。

まださわりしかやっていないので、追記があれば、また別記事で書く。