体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「薄桜鬼 真改 風の章」(薄桜鬼レビュー3つ目)

日があいてしまった・・・と嘆く間もなく。

はい、前々から言っていた「薄桜鬼 真改 風の章」のレビュー&感想です。

風の章自体は結構前に出てたんですね。

ツインパックで買ったので、知らなかった。。。

 

薄桜鬼 真改 風ノ章

薄桜鬼 真改 風ノ章

 

 

これは華の章のレビューで話をすべきかと思うのだけど、「風間様さいっこーーーーー!!!!」でした。

風の章からイケメン感は漂っていたのですが、華の章やって、彼にイチコロでした。

もうね、彼に落ちない訳がなかった。

津田さんの声で、囁かれるともうくらっときてしまって。

何言ってもかっこいい上に、嫁とか言われるあたりもうだめ。

津田さん好き、特にKの周防とかの雰囲気が好きな方。

絶対やった方がいい。

 

さて、風間語りはこのあたりにして。

風の章全体ですが、やはり華の章を作ることを前提としているので、後味もっさり感というかすっきりしない感じは否めませんな。

伊庭さんとか新キャラも美味しい登場のしかたしているし、そのぶんルートも増えてる。

また文章にも結構な改変が入ったらしく(これは私自身は未確認。薄桜鬼そのものはやっていないので)文章が稚拙じゃなくなったとのこと。

それらは良いことだし、実際やってて稚拙さは感じなかった。

 

OPはとても良いです。

世界観に引き込まれる感じがとてもよい。


PS Vita「薄桜鬼 真改 風ノ章」 オープニングムービー

巧い具合に色々な事柄や事情が絡み合っていて、激動の時代というのを確実に描いた作品だと思う。

まあ、その激動さも華の章に持ち越してしまうんだけど(苦笑)

 

追記(2016年7月19日)

羅刹になるシーンが皆々様あって、その場合っていうのが別にあるんだけど(例えば、沖田総司だと病に勝つためだったり、斎藤一だと鬼たる風間に勝つためだったり)

そのシーンがとても鬼気迫る感じに描かれていて、ぐっときた。

けど、敵対しているはずの風間に会うたびに「風間イケメン・・・!」と思ってしまうっていう。

まあ羅刹になってからの話は、華の章に続くので、そちらに期待。

でもその前に、風の章の全ての攻略対象をクリアしてからかなぁと思っていたり。

(まだ新八とか山崎さんとか落としていない・・・好きなキャラからやってるせい)

でも声的には、やっぱり沖田総司とか風間とか、土方さんが好きなので、そっちからやってしまったから、ちょっとクリアするのが惰性。

でも頑張ります。

これ以上書くと、本当に蛇足になるので、終わり!

 

以上、これにて風の章のレビューは終わりにします(いい加減に)

華の章はそのうちに!絶対!やります!(やるやる詐欺にならないように)

 

今までの薄桜鬼の感想、レビュー

 

catwith.hatenablog.com

catwith.hatenablog.com