体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

双極性障害だから仕方ないと言われながらも、偏頭痛に悩む話

双極性障害だからしょうがないと主治医には言われているが、どうも最近偏頭痛が激しい。

酷い日は、薬を飲んでも治らない時がある。

(そういうときは決まって雨)

偏頭痛は典型的な双極性障害の症状の一つだと言われても、納得できないところがある。

こんなに酷いのに、しかたないの一言で済ますか?!という想いだ。

動けないくらいに酷い日もあるのにも関わらず、薬だけなのはちょっと辛い。

せめて他にも対処療法があれば良いのだが、中々見つからない。

 

ただ、以前、東京に住んでいたときよりは、全然良くなっていることは確かなので、それを信じて付き合っていくしかないのかなと思う。(いまのところはね)

眠りが浅い日もあり、昼まで寝ても寝た気がしない日(そういう日ほど頭痛が酷い)もある。

 

寝れる時はしっかり寝たほうが後々楽なのは知っているので、家族には悪いが昏昏と寝かせてもらいたい。

(起きてウォーキングでもしたほうがいいのはわかっているが、体優先したい)

 

ちなみに寝ることに関しては、夜寝れる範囲ならOKという主治医のOKも出ているので、無理のない範囲で寝たい。

そうすると、頭痛も緩和される日があるので、なるべく深く寝て、気持ちよく起きれるようにしていきたい。それが頭痛を緩和させる楽な方法だと思う。

 

それでも、会社勤めの人には難しい手法だと思うので、もし会社勤めの人が実践するなら、割と強めの睡眠薬を処方してもらって、早めに一気に寝てしまって、朝早く起きること。

朝早いぶん、頭痛はするとは思うが、早い分、頭痛の薬を早く飲めるので、会社に行く時間までには頭痛が治まっていることだろう。

またできれば昼休みには15分から30分ほど寝るといい。

頭がすっきりして頭痛が緩和されるらしい。(ぐぐった)

これくらいしか私が提案できる対処法はないが、早起きが苦手でなければ、この方法を実践してみてほしい。

 

頭痛の話

 

catwith.hatenablog.com

catwith.hatenablog.com

catwith.hatenablog.com