読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「ルートレター」

ゲーム「ルートレター」のレビューと感想。

なんだか各方面で糞ゲー扱いされているけれど、私的には割と大丈夫だった作品。

良いところをレビューしていきたいと思う。

 

~√Letter ルートレター 通常版

~√Letter ルートレター 通常版

 

 

①島根を旅する感覚を味わえる情緒の良いアドベンチャー

島根に行きたくなるほど、その土地に根付いたお店や風景が広がっている。

また、主人公が観光パンフなども持っているため、「ああ、私ここ訪れているんだな」という気にさせられる。

これは演出の勝ちかなと思う。

 

②声優陣が喋る喋る

豪華声優陣がたっぷり喋ってくれる上に、ムービーが多い。

(基本過去のことを描いたムービーでモノクロだけど、それだけに過去の心情が伝わってきやすい)

また、追及パートというものがあるが、そこでもドギマギしながら喋ってくれるため、声優ってすごいなーと感心してしまう。

 

③アドベンチャーパートが楽チン

これは賛否両論別れるところだと思うけど、私みたいにアドベンチャーパートというか推理が苦手な人にとっては、まずまずの分かりやすさだと思う。

(基本的に「考える」コマンドを連打していれば、おのずと答えにたどり着ける)

そのため、真実に至ることが楽。

逆転裁判が難しいと感じる人には、この作品をお勧めしたい。

 

皆さんが気になっているところも、ちょっと擁護させてほしい。

主人公の話口調が、偉そうとか、なんでタメ語?なんていうレビューが多いが、私はあまり気にならなかった。

だって、同世代の人に聞いて回ってるんだよ?

そりゃ年上のおじさんおばさんもたくさん出てくるけど、基本旅でそんなに気を使わないでしょう。

しかも、彼の目的は人探しであって、聞き込みは二の次である。

33歳という年からすると幼いが、それでもまあ許せる範囲の言葉遣いじゃないかなぁと思う。

 

総評としては、名作とまではいかないが良作。

推理アドベンチャーが苦手な人にやってほしい、青春を追体験するアドベンチャーだと思うので、オススメしておく。