体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「鏡界の白雪」

鏡界の白雪コンプー!

いやぁコンプにこんなに時間がかかるとは。

攻略サイトなしにコンプは無理だったな。

というわけで、こちらのレビュー感想。

 

鏡界の白雪

鏡界の白雪

 

 

ティザーPVとかを見る限りドロドロしているのかなぁと思ったのだけど、以外とあっさり風味。

ただし、普通の乙女ゲーだと舐めてかかるとやっぱりドロドロかも。

私は酷いヤンデレだと思って取り掛かったので、的外れっていうキモチになったのかもしれないけど。

 

それはともかく、内容。

ある日鏡を手に入れた主人公は、特定の人に会うと鏡界という異世界に行ってしまうことがある。そこでは、無くしたものを主人公を噛むことによって手に入れようとしている、人がいた。

なんのこっちゃという人もいるだろうから、もっとわかりやすく噛み砕くと、

ヤンデレの男たちが可愛い主人公ちゃんを噛み噛みして、感情などを手に入れようとしてくる話。

 

システムとしては、特筆すべきは「罪と罰」システム。

だけど、これ選択肢でもよかったんじゃないかなぁと思わせるでき。

ただイチカラム(華ヤカ也、我ガ一族を作ったところ)だから期待していたんだけどね。

あと、シナリオが結構冗長かな。

これはシナリオライターさんの癖だと思うから、ちょっと改善して欲しい。

 

ヤンデレっぷりは慣れてないとキツい感じ。

例えば、薄桜鬼とかしかやっていないような人にはキツい。

「BAD APPLE WARS」とか「ニルアドミラリの天秤」とか「レンドフルール」、「剣が君」のBADENDとかの後味の悪さを知ってる人は、この狂気に耐性があるかも。

逆にこういうのに慣れてないときついからやめたほうがいい。

それか、覚悟したほうがいい。ヤンデレ男どもを。

 

ヤンデレ加減には慣れている私でも「うわーこいつ大丈夫か」と思う奴が何人もいた。

でも、声優が豪華なので、やりたくなった人である。(私が)

 

ちなみに過去記事はこちら。

参考程度にしてほしい。

 

catwith.hatenablog.com

 

 

catwith.hatenablog.com

 

 

catwith.hatenablog.com

 

 

catwith.hatenablog.com