体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「艦これ改」

とうとう艦これ改に手を出しました。

ブラゲー版もやっていたけれど、時間に縛られる感じと、あまりの敵の強さにぶん投げたのである。

そこで、今回ブラゲーではなく、戦略SLGとして復活した艦これ改をやってみた。

f:id:nyaon0511:20160424213858p:plain

 

結構どハマリしている。

というのも、ブラゲーにない3つの要素があって、それがレベリングの容易さを作っていると言っても過言ではない。

 

丁丙乙と難易度が選べる

もちろん私は戦略SLGは初心者なので、丁から選択。(乙がHARDモード)

その上に甲史とあるのだが、私の技術ではその領域にたどり着くのは、かなり遅そうだ。

(その前に飽きたりして)

でも、ブラゲーでは選べなかった難易度が選べるのは大きい。

 

演習が他のプレイヤーとの対戦でなく、経験値とパラあげのためにある

演習というシステムがあるのだが、ブラゲー版と違い、パラあげと経験値取得(しかも遠征いくより旨みがある)ができる。

総合演習ができるようになっている提督ならば、運も挙げられるので、是非とも演習はやってほしい。

しかし、このゲーム期限があって、期限を過ぎるとゲームオーバーになってしまうこともあるので、演習ばかりしていてはダメ、という縛りもある。

 

遠征の有用性がなくなった

遠征はいままでのブラゲー版だと資源を調達してきたり、艦娘たちのレベリングなど、色々なメリットがあったが、資源に関してはポイント(ブラゲーでいうところの課金システム)でどうにかなるし、レベリングに関しては前述の演習で凄く楽になったので、遠征の有用性がなくなった。

そのため、私はほぼ遠征はしない。遠征のクエストも全然消化してない。

資財が自然回復しないため、必然的に弾薬が足りなくなる

ブラゲー版と違って、時間で資材が回復するわけではないので、資材管理は慎重にやらなくてはいけないことを一日やってみて思い知った。

できれば、心を鬼にして、ポイント(ブラゲーでいうところの課金システム)を使って、資材を調達することも必要になってくる。

 

ここまで書いてみたが、艦これブラゲーとは違う面白さがある。

戦略SLGっぽさが前面に出ていて、いろんなパターンを考えながら、任務をこなしていくというのも楽しい。

いつの日か、乙でプレイができるようになりたいと思いながら、とりあえず丁でのクリを目指す。

 

 

 

艦これ改

艦これ改