体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「ノルンノネット ヴァール コモンズ」

久しぶりのゲーム談義します。(ロマサガ2はカウントしません)

今回はオトメイトさんから出たこちら。

 

 わたし的に言うと、「眠たくなるゲー」でした。

読ませる気がないともいう。

一応一通りやったので、レビューします。

 

主人公が三人から選べ、他二人は恋愛対象外に自動的になるキャラクターと恋愛している。

ここでハーレム脳の人には既に受け入れられないポイントがある。

基本的にハーレム好きな人は、他の女(それが例え他のターンで主人公であっても)がハーレム対象男性と付き合うなんてことは許せないのだ。

かくいう私もどちらかというと許せない方で。

最初、買う前は「えー、そんな心の狭い女じゃないし」と思っていたが、やってみるとイライラくる場面が何度か。

このあたりで、買うの失敗したかなと気づく。

 

次に単調なシナリオ。

でもこれは落とすキャラによるかな・・・単調さが目立つキャラは目立つし、そうでないキャラもいるっちゃいる。

さじ加減といえばさじ加減なので、シナリオライターさんのことをあまり悪く言えず。

ただ、音楽とかの兼ね合い上単調になった部分はあるので、そのあたりは改善要求かな。

あと主人公がしゃべる(もちろん、喋らないように設定もできる)ので、没入感がないっていうのもちょっと乙女ゲーとしては難点に上げてもいいと思う。

最近増えたみたいだけどね、こういうの。(黒蝶のサイケデリカもあるし)

 

点数にすると、60点てところかな。違う会社だけどアルカナ・ファミリアの方が単調さはあるけど、まだ少年漫画っぽくて没入感があった気がする。あれも声付きな部分があるけど、全然違和感がなかったよ。

 

黒蝶のサイケデリカのレビューはこちら。

 

catwith.hatenablog.com

 アルカナ・ファミリアのレビューはこちら。

 

catwith.hatenablog.com