体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

一生をかける仕事とお金をもらうための仕事の違いの話

この前こんな話を聞いた。

 

”世の中には「一生をかける仕事」と「お金をもらうための仕事」がある。”

 

なるほどと思いつつも、私はいままで一体どっちの仕事をしてきたんだろうと思った。

たぶん、「一生をかける仕事」はやってない。

そう長くはないけれど「お金をもらうための仕事」しかしていない。

悪いことじゃないかもしれないが、酷いことのような気がした。

そりゃ一生のうちにそんな仕事に出会える人がどれだけいるかわからないし、多分少ない気もするけど、それでも努力すれば見つかるかも知れない仕事だ。

それに対して「お金をもらうための仕事」は探さなくてもある。

そりゃ面接だのなんだのって多少は探すことはするけれど、選ばなければ探さなくてもなんとかなるものが多い。

 

なんだかそれを聞いて、私ってなんだか空虚な人間かも知れないと思った。

人から見れば贅沢な悩みと思われるかもしれないけど、虚ろな感じがしてならない。

一生に一度くらいの勢いで探した新卒採用の時も、転職した時も。

結局は自分がやりたいか、なんてことはひとつも考えずにどうすれば高給で雇ってもらえるかばかり探していた。

やりたいか、でいえば、前の会社も前の前の会社もあまりやりたくはなかった。

やれるかどうかでも、あまりやれてなかった。お荷物だった。

 

私が言いたいのは、やりたいかどうか、を探せるという心がある人は、絶対に探した方がいいと思う。

私はその心すらなかったので、やりたいかどうかを考えるところから心を探さなきゃいけない。

生きづらい生き方なのかもしれないけれど、直ぐには変えられないので、私は地道に頑張っていこうと思う。