体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「華ヤカ哉、我が一族 幻橙ノスタルジィ」

3人攻略して、残り半分となってきたので、レビュー。

「華ヤカ哉、我が一族 モダンノスタルジィ」はこっち。

 

catwith.hatenablog.com

 今回レビューするのは、続編とファンディスクが一本になったこちら。

 

 ネタバレ少々含みます、ご注意ください。

 

 

全体感想としては、やー二年目モードが面白くて面白くて。

もちろん、ファンディスクの方の別荘モードも面白いんだけど、二年目になって起きる変化が楽しい。

一応、二年目モードは誰とも一年目にお近づきにならなかったパターンなんだけど、各々モダンノスタルジィより主人公を見る目が違っていていい。

一番萌えたのは、やっぱり正・雅の長男六男コンビかな。

正はロミジュリ感というか、身分の差を強調してくる感じだけど、雅は知力で敵(父様)を倒す!という疾走感がよかった。

年齢のことを考えると、正の方が好きかも。(年上好きなので)

 

ミニゲーム追加はいらなかったかもしれない。

いや、あってもいいんだけど、アレで運動が制限されるのが(足の速さにつながる)ちょっと序盤辛いものがあった。早く走りたい!って思いが。

 

進は皆さんレビューしているとおり、モダンノスタルジィの方がEnd的にはよかった気が。

悪くないんだけど、どっちかって言われたら・・・。

あと、茂はなんかオネエっぽくなってて、落としがいがありました。

いかんせんオネエキャラが好きなもので。

(全然違うんだけどね、茂は)

博と守はまだ攻略できてないので、アレだけど、宏は五年後花開いて・・・っていうモダンノスタルジィがあまりにも良かったからなぁ。

守はモダンノスタルジィでも未攻略なので、そっちをプレイしてからやろうと思う。