体にいいことは全部猫から教わった

猫と暮らしながら、ゲームをしながら、糖質制限しながら、ライターやってる人のブログ

ゲーム談義「学園K Wonderful School Days V Edition」

アンジェリーク ルトゥールと並行して勧めているのがこちら。

 このゲーム、オトメイトさんからPSPで一度出ているだけれど、Vita版で出るとのことで購入してみました。

オトメイトさんなのでスキップ機能などは完備されていて快適。

まあやっぱり会話ゲーでありキャラゲーなので、乙女ゲームの甘さとかはあまり求めてはいけない作品ではある。

(その分キャラの性格というか雰囲気がアニメから崩れていなくて、アニメから入った人には嬉しい部分があるのだけど)

ただ、アニメを見てないとわからない単語が多い。

その辺がキャラゲーだと言われる所以だと思われる。

ただ、Vita版になってから、Extraの他にV Editionのオマケがついて、END後のお話が見れるようになり、それが甘さをちょっと付け足している感じかな。

Amazonでは賛否両論な部分があるみたいだけれど(PSP版の方)それでも、私は割と乙女ゲーというよりキャラゲーとして割り切って見れば、楽しい方だと思う。

ただやはりオトメイトさんの作品なので、選択肢を選ぶだけの作業が単調になりがち。

下手すると作業ゲーになってしまうのが痛い。

作業ゲー感がなくなれば、もうちょっと良い感じになったのではないかなーと、ちょっと惜しい作品だと思う。

 

ちなみに学園Kはコミックスも出ているので、そちらも読むと多分世界観がもっとわかるのではないかと。

学園K(1) (Gファンタジーコミックス)

学園K(1) (Gファンタジーコミックス)